なんちゃってマヨネーズ

「筋肉落とさずにダイエットしたいんだよね。管理栄養士さん、食事管理よろしく」と、夫が言い出しました。

うちの夫の趣味はロッククライミング。毎週末、山に行っています。
でもここ最近は目指す岩に登るのに苦戦しているみたいで、体を少し軽くして登るのを楽にしたいのだとか。

目標はマイナス4キロ。

「面倒臭いな~」という思い半分、「やせさせてあげよう!」という思い半分、先週から我が家の食事はダイエット食になりました。

d0339702_15160968.jpg

一応、普段から考えて食事を作っているのでそんなに変更する点はないのですが、とりあえずマヨネーズ好きの彼のために、なんちゃってマヨネーズを作ってみました。

マヨネーズとヨーグルト、酢を1:1:1で合わせるだけ。
アクセントに粒マスタードとドライハーブを適量加えて完成です。

d0339702_15160981.jpg

このなんちゃってマヨネーズ、普通のマヨネーズと比べて半分以下のカロリーになるんですよ。

今日はキャベツと和えてコールスローにしました。

食べないダイエットはリバウンドや体調不良のもと。
筋肉まで落ちてしまうので、しっかり食べて健康的にダイエットしてもらいます。

ということで、6か月で4キロ減のゆったりペースでスタートです!

美白には○○○ジュース

桜の見ごろも過ぎて、そろそろ気になりだすのが紫外線。

紫外線は老化の大きな要因になるので、私はこの時期から日傘を登場させたりしています。
日傘って荷物になるし、そもそも差さないといけないので面倒なんですけど、、、この努力が5年後、10年後の自分に返ってくると思えば、なんとかがんばれます。

でも外からの予防だけじゃなくて、内からの予防も大切。

d0339702_15154704.jpg

私が紫外線ケア&野菜補給も兼ねて常備しているのが、トマトジュース!

トマトに含まれるリコピン、有名な成分ですよね。

このリコピンには、シミの原因になるメラニンの生成を抑えたり、細胞を傷つける活性酸素を退治したりといった美肌サポートの働きがあるといわれているんです。

我が家では、朝食時によく登場させています。

トマトジュースって、トマト煮込みやカレーに使えたりとかなにかと重宝するので、ちょっとあると便利ですよ。

安ウマ! リピ買いうなぎ♪

私、かなりのうなぎ好きです。
「また食べに行ったの!?」と周りが呆れるくらい…。

dancyuという食の専門雑誌を読んでいて、あるとき目が釘付けになった記事がこちら。

築地の旨いもの・・・・・今回は冷凍の「うなぎの蒲焼き」。冷凍と聞いてバカにするなかれ。レンジでチンするだけで、そこらのうなぎ屋顔負けのおいしい蒲焼きが食べられるのです。・・・・・噂によると、この冷凍うなぎ、某有名うなぎ屋がン千円で出しているうな重と同じランクだとか。・・・・・「小林川魚」というお店です。

"これは行かねば!"と思いつつ、気付けばもう5年もこの記事を大切に保管していました…。
そう、、、5年前の記事です。
どうしても早起きができなくて。。。


が、


なんと昨年末に築地から10分のところに引越しをしたんです!
こうなればもう5年間の穴埋めをすべく、今では定期的に通っています。

d0339702_15161070.jpg

これです、これ。
Sサイズなのに、30cmはあるかと思われる大きさ。二人分いけちゃいます。
しかもたったの700円!

お店で食べるできたてふっくら、香ばしい感じにはちょっと及びませんが、レンジでチンでこの味なら、大大大満足♪
しかもうなぎには、美肌ビタミンがたっぷり含まれているのも満足度が高いところ♪

場内にあるお店ですが、一般客にもやさしく対応してくれるのでオススメですよ。

では今日は、野菜もたっぷり使ったダイエット美肌レシピをご紹介します。
にんにくは、先日のにんにくオイルを使えば楽できますよ。

うなぎのスタミナ炒め
180kcal

d0339702_15161059.jpg

材料(1人前)
うなぎの蒲焼き 1/2串
赤パプリカ 1/4個
レタス 2枚
塩・こしょう 少々
にんにく 1かけ
サラダ油 小さじ1/2

作り方
1.うなぎの蒲焼きは2cm幅のざく切りにする。赤パプリカとレタスは食べやすい大きさに切る。
2.サラダ油をひいたフライパンにスライスしたにんにくを入れて火にかけ、軽く炒める。
3.1を加えて炒め、塩・こしょうで味を調える。

にんにくオイル de 楽チン家事

結婚してもうすぐ一年。
仕事と家事の両立って、なかなか大変なものがありますよねぇ。
そんなわけで、「家事をできるだけ楽に!」を毎日のテーマにしています。

ただ、食事は健康のもと。
食べたものから体はつくられているので、可能な限り自炊を心がけています。

d0339702_15161097.jpg

なんとか家事が楽になるよう知恵をしぼりしぼり、、、で、便利なのがにんにくオイル!

みじん切りにしたにんにくに、オリーブ油やサラダ油を注いで冷蔵庫で保存するだけ。
私は注ぎ足しながらもう何ヶ月もやっていますが、別に悪くならないので気にせずそのまま使っています。

今までは、「にんにくを切って油で炒めて…」という調理の工程があるだけでやる気が失せていましたが、もうそんなことは一切なし。

スプーンでにんにくと油をすくってフライパンに入れれば…麻婆豆腐、パスタ、トマトソース、ドライカレーと、ここ1週間だけでもこれだけ大活躍です!

d0339702_15161099.jpg

私はお菓子の箱などの厚紙を、こんな風に適当な大きさに切ってストックしています。

これをまな板代わりにしてにんにくを刻んでいるので、切り終わったらそのままゴミ箱へポイ。
洗い物も少なくなるし、いいですよ。

カンタン☆野菜補給メニュー

前回実家に行ったときに咲いていたこの花が…

d0339702_15161098.jpg


数週間で立派なさやえんどうに成長していました!

d0339702_15161007.jpg


三色ご飯の彩りに使おうかな~♪と思いながら持ち帰らせてもらったのですが、家についたら作るのが面倒になってきて…、結局卵とじにしちゃいました。

d0339702_15161027.jpg


冷蔵庫に残っている野菜を適当に入れた、野菜だけの卵とじ。
簡単だし、熱を加えると野菜をたくさん食べられるので、お気に入り野菜補給メニューのひとつです。

卵って、完全栄養食品といわれますよね。

たしかに栄養成分がまんべんなくバランスよく含まれてはいますが…、ビタミンCと食物繊維は含まれていないんです。

惜しいですねぇ。
正確には、「完全栄養食品に近い食品」ということになります。

ということで、卵にビタミンCや食物繊維が多い野菜を組み合わせると、より栄養バランスが良くなるんですよ。