<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

母のお弁当

諸事情あり、最近平日は、可能な限り実家に寄ってから出社しています。

朝早起きするのはそれはそれは辛く、、、でも実家につけばちゃんとした朝ごはんが用意されていて、食後にはコーヒーがでてきて、しかもお弁当付き(夫の分も)!

d0339702_15151838.jpg


60歳をすぎた母がキャラ弁(!?)にも挑戦してくれています!

d0339702_15151809.jpg


私が作るお弁当なんて、おかずが3つとあとはミニトマトでスペース埋めしてる程度なのに、母は毎回違うおかずを5-6種類入れてくれます。

夫がお弁当をいらない日は、夫は苦手だけど私が大好物な海老フライを特別に入れてくれたり、朝からおいなりさんを作ってくれたりも。

本当にありがたいです。

学生のころはお弁当作ってもらっても当たり前みたいに思ってたけど、今は本当に幸せなことだと思います。
感謝、感謝、感謝です。

お母さん、ありがとう!!!!!

d0339702_15151872.jpg


妹も母が私のお弁当を作っていることを聞いたら、かわいいうさぎのピックをプレゼントしてくれました!
ありがとう~♪

おかげで毎日の食生活が充実しまくりです。

しみじみと…、家族に心から感謝です。

辻口シェフのお菓子教室<5回目>

スーパースイーツスクール5回目は、米粉の抹茶ロールケーキ!

d0339702_15151959.jpg


今回も、とーーーーーーってもおいしかった!

いつも教室で作るだけで満足。周りから「ちゃんと復習しなよ」と言われるけど、「毎日のご飯作りで私は精いっぱい」っていう気持ちから、一回も復習せずにここまできました。

でもとうとう、レッスンで使ってるロールケーキ型を買っちゃいました!

こんなお菓子作りに苦手意識がある私でさえ作る気を起させる味なのです。

d0339702_15151995.jpg


粉は米粉だけ。
前回のように小麦粉で作るときは混ぜ過ぎるとベタベタな仕上がりになってしまいますが、米粉の場合は逆。
しっかり生地と混ぜ合わせないと、ふんわり完成しないんですって。

前回もロールケーキで今回もロールケーキか、、、とちょっと思ってたけど、こうやって比較できるから、かえってよかったです。
勉強してるってかんじ。

あと抹茶は、高価なほどダマになりやすいのだそう。
だからいつもは高品質な材料を使うこのレッスンも、この抹茶だけは製菓用の高価ではない抹茶を使いました。

今回もいろいろ勉強できて満足度高し。

ちなみに次回もロールケーキなんです。
絞り出す生地に(なんて言うやつかわからない…)ヨーグルトクリームとグレープフルーツ果肉を入れて作るそう。

これもおいしそうだ。。。

ラタトゥイユをポタージュにアレンジ!

この前の週末、具合が悪くてずっと寝ていたら…、夫がたくさんのラタトゥイユを作ってくれました!

d0339702_15151977.jpg


パスタソース、スパニッシュオムレツの具としてアレンジしてもまだ余っていたので、残りは2種類のポタージュにしてみました。

d0339702_15151928.jpg


これはガスパチョ。
夏を実感するな。トマトたっぷりで紫外線対策にもぴったりです。

トマトの赤い色の成分(リコピン)は、シミの原因になるメラニンを抑える働きがあるんですよ。

作り方
1.ラタトゥイユ:トマトジュース=3:4をミキサーにかける。
2.味をみて塩、お好みで酢(少々)を入れて再度ミキサーにかけ、味を調整する。

d0339702_15151949.jpg


こっちはトマトクリームスープ。
牛乳と割って、レモンをかけていただくとおいしい!
ちなみに、牛乳に含まれるカルシウムは酸味と一緒に摂ると吸収率がアップするので、その点でもレモン汁は欠かせません。

作り方
1.ラタトゥイユ:牛乳=1:1をミキサーにかける。
2.味をみて塩を入れ、再度ミキサーにかけて味を調整する。
3.器に盛り、お好みでレモン汁をかける(レモン汁もミキサーにかけてしまうと分離するので、仕上げに)。

先週はかぼちゃメニューをご紹介しましたが、今週はスープメニューのご紹介でした!

かぼちゃの煮物をスープとアイスにアレンジ!

冬至に食べるとい良いとされてるから冬のイメージがあるかもしれないけど、かぼちゃは夏野菜。

最近は遅ればせながらネットスーパーデビューをしたので、重いかぼちゃも気にせず購入!
楽チンだー♪

d0339702_15151998.jpg


まずは定番のかぼちゃの煮物を作ります。
これを1日目に食べて、翌日は…

d0339702_15152012.jpg


前にこのブログでも書いたけど、牛乳と混ぜてかぼちゃのスープにするのがお決まりのパターン。

作り方
1.かぼちゃの煮物:牛乳=1:1をミキサーにかける。
2.味をみて塩、お好みで砂糖または煮汁があれば入れて再度ミキサーにかけ、味を調整する。

そしてそれでも余ったら…

d0339702_15152014.jpg


かぼちゃアイスに!
ちょっと盛り付け下手くそだけど、味はおいしいでーす。

作り方
1.かぼちゃの煮物:牛乳=2:1をフードプロセッサーまたはミキサーにかける。
2.これに砂糖適量、シナモン適量を入れ、再度フープロまたはミキサーにかける。
3.バットに移し、冷凍庫に入れる。20-30分おきに混ぜ合わせ、ちょうどよい硬さになったら、器に盛る。

砂糖は、「甘い」と感じる量を入れてください。
砂糖の甘みは冷やすと感じにくくなるので。

シナモンが好きな方は、けっこう効かせるとおいしいかも。

以上、今週のかぼちゃメニューでした。

夏バテ防止には、豚肉+臭い野菜

夏バテに効くメニューで「豚の生姜焼き」がいいって聞いたことありません?

なんで豚肉がよいのかというと、豚肉には食べたものをエネルギーに変えるときに欠かせないビタミンB1が豊富に含まれているからです。

そしてこのビタミンB1は、にんにくや長ねぎ、玉ねぎ、にらなどの独特の臭い成分「アリシン」と組み合わせると、吸収率がグンとアップします。

d0339702_15152063.jpg


ということで、豚肉と玉ねぎの組み合わせになる「豚の生姜焼き」は夏バテメニューの王道というわけ!

私は先週は生姜焼き、今週は豚とにんにくをたっぷり入れた薬膳スープで、夏バテ&熱中症予防しています。

d0339702_15152042.jpg


この薬膳スープは、お気に入りの薬膳レストラン10zenの美肌スープをまねっこしたもの。

食べたときに「おいしい!」と感動して、お店のスタッフの方に何が入っているか聞いてみたら、なんと優しいことに惜しげもなく全部教えてくれたんです。

テンメンジャン、豆板醤、シナモン、クローブなどが入った辛・苦・旨が揃ったスープでーす。