<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

野菜のプロ! 内田悟さんのセミナー

昨日、今大人気の八百屋のおじちゃん、内田悟さんのセミナーに行ってきました。

d0339702_15152332.jpg


八百屋のおじちゃんといえど、レストラン専門の青果店「築地御厨(つきじみくりや)」を経営されていて、シェフから絶大な信頼を寄せられている方なんです。
シェフからのオーダーは、ほとんど「おまかせで!」という信頼の厚さ。

昨日は「野菜の目利きと火入れの新常識」というテーマで、春野菜について熱いお話を聞かせてくださいました。

d0339702_15152343.jpg


この春野菜たちについてのお話。
「あれ、夏野菜のトマトが入ってる?」と思いませんか?
実はトマトは春野菜なんだそうですよ。

トマトの生まれは、アンデスの山岳地帯。つまり遺伝子的には、湿度30%、気温20℃までが一番おいしく育つのだと。
だから、日本でいえば3月4月の気候がトマトには最適なんですって。

いろいろお話を聞いたんですけど、結局一番大切なことは「旬のものをいただく」ということでした。
これは、スーパーで買うにしても有機の物を取り寄せるにしても、関係ないと。

「スーパーの物は農薬が気になる…」とよく質問されるけど、旬の野菜であれば生命力が強いから、たとえ肥料に農薬を与えても農薬を(ほとんど)取り入れずに育つことができる、だから気にするな、って。

逆に、例えば冬に夏野菜の茄子を育てようとすると、生命力が弱いから農薬をもらわないと成長できないということです。

d0339702_15152389.jpg


試食では、野菜だけの味を味わってもらいたいからと、お肉や魚が一切入っていないベジ料理を。

手前左から、そら豆とじゃがいものピーナッツ和え、たけのこのソテー、アスパラのパン粉ソテー、野菜ピラフ、そして一番奥に見えるのがトマトのグリル。

「旬の野菜だけで満腹中枢を刺激してやる!」って言われたけど、、どれもこれも野菜の味が甘くておいしすぎ。もっともっと食べたいと思って全然満腹にならなかった…(ごめんなさい)。


d0339702_15152319.jpg


今朝は早速復習を。
アスパラの目利きは、切り口が丸いことが必須。

d0339702_15152328.jpg


はしり(出回り始め)や旬のアスパラはやわらかいから、根元1cmだけ切って、筋はとらなくてOK(ちなみに旬を過ぎた名残りのものは皮が厚くなるから、ピーラーで筋をとる)。

d0339702_15152329.jpg


10分ほど水につけて保水する(これでシャキッとする)。

d0339702_15152331.jpg


そして最大のポイントは…三角のはかまの部分は取らずに食べる!
なぜなら、はかまの部分から花が咲くから、ここは命がある部分。
生命力もいただくために、はかまは取らないのが本来の食べ方だそうです。

d0339702_15152392.jpg


じゃがいもとごまマヨ和えにしてみました♪


----------------------------お知らせ-----------------------------
今週発売の美的6月号でジュースレシピの提案をしています。

d0339702_15152314.jpg


よろしければ、P.230をご覧ください!

「自分にはできる」北島選手と澤選手!

ロンドンオリンピックまで100日を切りましたね。

私は月曜に、ロンドンオリンピック公式飲料「アクエリアス」の記者発表会に行ってきました。
なんと、イメージキャラクターの北島選手と澤選手のふたりが登場!

d0339702_15152316.jpg


北島選手は、テレビで見るより顔がちっちゃくてスタイルが良くて、とってもかっこいい…! なんてテンションが上がっている私とは対照的に、ふたりはどっしり落ち着いていて、さすが。貫禄ありまくり。
記者たちがせわしないのに対して、ふたりの周りだけはゆったりとした空気が流れているかのようでした。
すごい人の雰囲気って、こういうかんじなのかな。

「自分には絶対できると思いながら、目標をひとつひとつクリアしている。オリンピックでは、日の丸を一番高いところに掲げたい」とは、北島選手。
澤選手は「夢は見るものではなく、叶えるもの。そのためには、毎日手を抜かないこと。そして、私にはできる、と思って取り組むこと。五輪の最終メンバーに残って、一番キレイな色のメダルをとりたい」と語っていました。

ふたりに共通しているのは、「できる」という強い信念をもって日々努力しているということです。
当たり前だけど、陰の努力があってこそ偉業は成し遂げられるんだなぁと、改めて感じました。

d0339702_15152445.jpg


ちなみに、アクエリアスのオリンピック記念ボトルは、こんなかんじ。
左が北島選手バージョン、右が澤選手バージョンです。

栄養面でいえば、アクエリアスとかポカリスエットって吸収されやすい糖分が多め。だから、普段の生活でゴクゴク飲むのは控えたほうがベターです。
糖分や塩分がはいっていることによって水分補給がスムーズになるので、やっぱりスポーツ時に活用するのが一番いいと思います。

さあ、私も「私にはできる」と思って、毎日コツコツがんばろう!

春のうつ病…なに食べて予防する?

この前、前の会社の同期会がありました。
私の年齢になると、もう同期も課長、部長クラス。
そして話題といったら、部下の愚痴!?

みんな口をそろえて言ってたのが、「最近の若者は、うつ病にかかりやすい」ということ。
入社1か月でうつ病になって休職、ちょっとした課題にくじけてうつ病発症…などなど。

たくさんの部下を抱えるある同期は、「こっちがうつ病になりそうだよ!」って言ってたな。
ほんと、そうよね、、、。

五月病が有名ですが、一般的に春はうつ病にかかりやすい季節だといわれています。

環境が変わったり、季節の変わり目で体調をくずしたりが主な理由。
とくにGWなどの長期休み明けには、自殺者が多いのだそうです…。

うつ的な症状を改善するには、規則正しい生活や適度な運動などが大切ですが、食の面でいえば、精神を安定させる働きのある「セロトニン」という物質に注目してほしいです。
最近よく耳にしません?セロトニンって。気持ちをリラックスさせてくれるとか、ストレスを軽減してくれるとかで。
このセロトニンを体内に増やすことが大切なんです。

セロトニンを作っているのは、「トリプトファン」というアミノ酸。
なのでトリプトファンを豊富に含む食品を意識して摂るとよいのですが、、、トリプトファンなんて知らない…って方が多いですよね。

でも、身近な食品に多く含まれているので、普段の食事に簡単に取り入れることができるんです。

d0339702_15152490.jpg


まず、牛乳。
トリプトファンは牛乳から発見されたアミノ酸なんです。
牛乳なら簡単に取り入れることができますよね。

その他は、赤身の魚や肉、お豆腐とかの大豆製品やナッツなどがオススメ。

d0339702_15152494.jpg


その中でも私がイチオシするのは、赤身魚の代表、今が旬のカツオです!

私は今週月曜に緊張する仕事が入ってたので、あえてカツオを日曜に食べてみました。

安くて旬の初ガツオ、うつ予防だけじゃなくて、脳のリラックスにもいいですよー。

ダイエットステーキ!

先週からの忙しさがずっと続いてて、、、今日がピークなので、かなりテンパり気味。。。

今日は来週のとある仕事で使うレシピを試作してましたー。

d0339702_15152434.jpg


こんなのとか、、、

d0339702_15152427.jpg


こんなのとかとか。

夏メニューの依頼なので、夏野菜がいっぱいです。

で、気分転換(現実逃避?)にこんなものも作ってみました。
○○のステーキです。さて、何でしょう?

d0339702_15152499.jpg


答えはこちら!

d0339702_15152405.jpg


えのきの根元です!

ずっと前にテレビでこういうのを見て、いつか作ってみようと思ってたんです。
そしたらちょうど今日、えのきを使うメニューが。
ふっと思い出してから3分で作れちゃいました。

レシピはほとんど覚えてないから、相変わらず勝手にアレンジしてますが、こんな感じ。

えのきの根元(両面)に片栗粉をまぶし、油を熱したフライパンで焼いて、醤油と酒をからめる。
そして、青のりをかける。

青のりの効果か、口に入れた瞬間、ホタテを食べたのかと思いました。
でも、ほんの一瞬、0.1秒くらいだけど。

でも食感も良いし、日本酒とすごく合いそう。
いいおつまみレシピを発見しました!

というか、究極のダイエットメニュー!?

あわただしい中、ちょっと心が癒された時間でした。