<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ルクルーゼのホーローがはがれた…!

毎年、大掃除のときには、一年間使ったお鍋たちをピカピカに磨くことにしています。

d0339702_15152761.jpg


普段チャチャッとしか洗ってないから、こんな汚れちゃってるので。

「今年も磨き上げるぞ!」と意気込んでたら…「その前にカレー作りたいから、ルクルーゼ貸して」と夫がカレーを作り始め、その10分後、「あ!!!」と大声が。。。

ヘラでスパイスを炒めていたら、ポロポロとホーローがはがれてきたそうです。

d0339702_15152774.jpg


で、こんな状態に。

使い始めて4年。強いお鍋だと思ってたから、すごくショック。

どうすればいいんだろう、とルクルーゼのHPを見てみたら、「ホーロー鍋 剥がれについて」っていうQ&Aがちゃんとありました。

はがれの原因は、強い負担(強い火力とか急激な温度変化など)なんだそう。

「有害物質の発生はありませんので、引き続きの使用は可能です」って書いてあるけど…。
「はがれた部分が気になるようであれば、底全体にオーブンシートを引いて煮物や炊飯などにご使用いただけます」とも書いてあるけど…。

ちなみに、「ルクルーゼ はがれる」でとりあえず検索したら、たくさんヒットしました。
こういう経験している人って多いんですね。

もう鍋磨きをする気はまったくなくなって、今年は磨き中止に。

翌日、新宿高島屋に行く用があったので、ルクルーゼ担当の店員さんにちょっと聞いてみたところ、使用年数にかかわらず強い衝撃があるとホーローははがれちゃうんですよ、と教えてくれました。もったいないから、オーブンシートを引いて調理を続けてみては?とも。

ついでに新しいルクルーゼ鍋とストウブ鍋を見てきたけど、やっぱりこのルクルーゼを捨てちゃうのはもったいないと思って、購入する決断できず。

オーブンシートを鍋底に引いて料理するのは面倒くさくてやってられないので、この際そのままガンガン使ってしまおうと決意しました。

d0339702_15152724.jpg


まずはかぼちゃの煮物を作ってみたところ、問題なくできあがりました!
これ以上はがれることもなく、ほっとひと安心。

でも、炒めてみたらどうなんだろう?とピラフも作ってみたら、こちらも問題なく完成!ヘラで炒めてもはがれることなく、具材もくっつかず。

でも、お鍋を洗って拭かずに置いておくと、3時間くらいで赤さびが出てきたので、使用後はちゃんと拭かないとダメですね。

ということで、このまま使い続けることにしました。

ルクルーゼってはがれちゃうんだと、ひとつ勉強になった年の瀬です。

さて、今年最後のブログとなりました。
訪問くださったみなさま、どうもありがとうございました。

そして被災された方々には、衷心よりお見舞い申し上げます。
来年は良い年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

2012年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えくださいませ。

グリーンスムージー講座

グリーンスムージーなるものが話題になっているということで(が売れてるらしい)、仕事の役にも立つかと1day講座に参加してきました。

ただのスムージーじゃないの?という思いをかすかに持ちながら…、でもミックスジュースは好きだからそれなりに楽しいだろうと、事前学習をしないで出席。

d0339702_15152842.jpg


結論からいうと、、、久しぶりにこういう講座で「楽しい!」と思いました{%チョキwebry%}

グリーンスムージーの定義とは、生の葉野菜と果物、水を混ぜたもの。
アメリカの料理研究家が発案したものを、上の写真に写っている女性ふたり(姉妹)が日本に広めているそうです。

一番のポイントは、葉野菜。
葉野菜の栄養(とくにクロロフィル)を摂ることが健康につながるという考えで、果物と水は飲みやすくするためのサポート材料として使っています。
はちみつなどの甘みは加えず、素材そのものをおいしくなるよう組み合わせて作るところも、他のフレッシュジュースやスムージーとは違う点かも。

d0339702_15152881.jpg


この講座では、4種類のグリーンスムージーをその場で作って飲ませてくれます。
これは小松菜にりんごやキウイなどを混ぜた「冬のビギナースムージー」。

ビギナーというだけあって、飲みやすいように小松菜は少量しか入っていません。

驚いたのが、りんごは皮も種も入れちゃうし、キウイもなんと皮ごと入れちゃうんです(有機のフルーツだからこそできることですね)。

あんなに毛がモジャモジャしてるのに、全然気にならないし、とっても好きな味! おいしかったです。

d0339702_15152808.jpg


さすがグリーンスムージーというだけあって、ひとつめの写真と見分けがつかないくらい同じ緑色ですが、こっちは春菊にみかんや生姜などを入れた「冬のスタンダードグリーンスムージー」です。

味はもちろん全然違って、今度は春菊の存在が少し際立っていましたが、これも好みの味でおいしい。

d0339702_15152809.jpg


これも緑色ですが、テクスチャーが違います。
水を入れないドロドロした「プディング」バージョン。
セロリの葉にりんごやシナモンなどを加えた「りんごのシナモンプディング」です。

寒い冬にゴクゴクとジュースを飲みたくない人向けに、スプーンで食べられるよう仕立てたものなんですって。

緑色だけどシナモンが効いてて、アップルパイみたいな味です。
私はちょっとなじめなかったけど、まあダイエット中のおやつとしてツカえるんじゃないかと。

d0339702_15152844.jpg


最後は、「洋ナシとベリーのホリデープディング」。
きっと緑色だけじゃなくて違う色も…と思ってメニューに入れてくれたんだろうな、という心遣いを感じます。キレイな色!

これにはパセリがけっこう入っているんですよ。
でもベリーの味が勝っているので、食べやすい。

と、こんなかんじで色々な味が楽しめて、満足感の高い2時間講座でした!

講座はすぐに埋まっちゃうみたいで、私も2カ月近く待ちましたが、オススメですよ{%ハート4webry%}

箱根で陶芸体験

9月に箱根に行ったとき、強羅公園の中にあるクラフトハウスというところで陶芸体験をしました。

陶芸は夫も私も初めて。夫が「手びねりじゃなくて、電動ろくろをやってみたい」というので、電動ろくろってそんな簡単にできるもんなの?と、ちょっと心配になりながらもやってみることに。

d0339702_15152832.jpg


そんな心配もつかの間、ほとんど先生が手助けしてくれたので、こんなにキレイにできました!
私は、お猪口と中皿を作成。
もう、あっという間です。30分もかからず、一人2品が完成。

色付けと焼き上げは、またまた先生の方でやってくれるので、あとは出来上がりを家で待つだけの超お手軽体験でした。

そして2カ月後。先週、やっと届きました!

d0339702_15152824.jpg


すごーい!売り物みたーい!
先生が90%以上やってくれたものの…、なんだか自分の成果みたいで、すごくうれしい。

d0339702_15152888.jpg


早速、我が家のお猪口コレクションに仲間入りです。

年末年始、日本酒が楽しめるなぁ。うれしいな。

ポトフをキムチスープにアレンジ!

12月に入って急に寒くなったので、週末にポトフを作りました。

d0339702_15152810.jpg


ポトフ、作るの久しぶり。
今回はお肉やベーコンなし、ノンオイルのダイエットバージョンで。
その代わりドライハーブをけっこう入れて、油分なしの物足りなさをカバーしてみたりして。

週末で残った分は、カレー粉を入れてカレー味にして、平日の献立に組み込もうと思ってたら…、ちょうど月曜かなんかのはなまるマーケットでコレをオススメしてたんです。

d0339702_15152848.jpg


ポトフにキムチを入れると、おいしいキムチスープになると(番組のレシピは、ポトフもキムチも適量でした)。

「コンソメ+キムチ=おいしい」という理論です。

ちょうど週末に、これまた久しぶりにキムチを買ってたから、ナイスタイミング!

ハーブ入れてたけど、キムチの旨みが強くでるから、全然気になりませんでした。
「キムチの旨みってすごい」と思うくらい味に深みが出て、おいしかったぁ。

キムチ入れると乳酸菌もとれるから、免疫力アップで風邪対策・インフルエンザ対策にいいんですよね。
そう思うと、まさに今の時季にぴったりなスープかと。

ちなみに、加熱をすると乳酸菌は死んじゃうんですけど、それでも大丈夫。
乳酸菌の死骸(なんか表現がこわい!?)も腸で善玉菌のエサになるので、免疫力アップに役立つんですよ!

料理カメラレッスン! part2

この前ブログにアップした料理カメラレッスン、昨日が最終日でした。
私も相変わらずスタッフとして立ち会いながら、一緒に勉強もさせてもらいました。

d0339702_15152932.jpg


昨日は教室がクリスマスのテーブルコーディネートに!
素敵でしたよぉ{%流れ星webry%}
こんな食器とか装飾品持ってないし、家じゃ絶対やらないので、目の保養になりました。

昨日は最終日ということで、大半の時間を生徒さんが撮影してきた写真の講評、今までの復習に当てたのですが、「やっぱりそうだったのか!」ということがあって、とっても納得したことがありました。

料理を器に盛って写真を撮ると、こんなことありません?

d0339702_15152975.jpg


この写真のお皿の手前を見てください。
お皿のフチの面積(空き空間)が多すぎて、ちょっとバランスが悪く見えませんか?

普通、お料理を器に盛るときって、器の中心を軸にして、そこからバランス良くのせていきますよね。
でもそうすると、写真を撮る場合は器の手前が空きすぎているように写ってしまうんです。

それを解消するには…、中心より1cm以上手前を軸にして盛るといいんだそうです。

d0339702_15152996.jpg


ほら! 1cm手前に盛ったら、空き空間が気にならなくなりました{%チョキwebry%}

料理写真を撮り始めたころ、よくこういうことがありました。
だから自然と料理はちょっと手前に盛るようになったんですけど、「1cm以上」っていうルールがあったとは知らなくて、大いに納得。

あと、上の写真を見ると、器の上下にけっこうな空間がありますよね。
これは「マヌケな空間」と言うそうです。
これを改善するには、この空間にその料理に関連したものを置くこと。
一気に写真の深みや動きがでるということで、やってみると…

d0339702_15152978.jpg


こんな感じ{%ハート2webry%}

地味なこんにゃく煮が、ちょっと華やいだかな?

開催したスタッフが言うのもなんだけど、ためになったカメラレッスンでした!