<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブームがきそう! 四元豚シルキーポーク!

四元豚(よんげんとん)ってご存知ですか?

三元豚はまあまあ知られてますよね。
文字通り、3種類の豚を掛け合わせてできた豚です。

豚は掛け合わせれば掛け合わせるほどおいしい肉質になるらしいんですけど、3種以上を掛け合わせるのはなかなか難しいみたいなんです。
それを実現させたのが、4種を掛け合わせたアメリカンポークの四元豚シルキーポーク。

私、今日まで知りませんでした…。

知らないまま、、、しかも「アメリカンポークって品質大丈夫なのだろうか?」と、ちょっと後ろ向きな気持ちと「でもせっかくご招待いただいたんだから、食べてみたい」っていう期待を胸に、今日は四元豚シルキーポークの説明会&試食会に参加してきました{%音符webry%}

d0339702_15152938.jpg


まずは一般的な国産豚とシルキーポークを食べ比べ。

「シルキーポークはエサと熟成にこだわってるから、甘いんです。国産豚と比べると、旨みを作りだすアミノ酸が1.5倍ほど多く含まれてるんですよ」という担当者さんの説明通り、本当に本当に味の違いにびっくり!

国産豚はあっさりした食べ慣れている味がしたのに対して、シルキーポークは舌にのせた途端に強い旨みを感じるんです。もう、噛むと歴然!

「男子食堂」、「料理通信」、「日経レストラン」などの編集の方や浜内千波先生のスタッフの方など、舌の肥えた食のエキスパートの方々が集まっていたのですが、みなさん「全然違う!」「おいしい!」「しかも、やわらかい!」と驚いていたほど。
ホント、やわらかジューシーで甘いんです。

d0339702_15152981.jpg


会場は、東京會館。
この食べ比べに続いて、東京會館の料理長がその場で作ってくださったお料理が目の前に置かれていきます{%ハート2webry%}

d0339702_15152949.jpg


シルキーポークのベーコンを使ったサラダ。

d0339702_15152917.jpg


塩漬けにしたシルキーポークが入ったポトフ。

d0339702_15152933.jpg


そしてこれが絶品{%花火webry%}
ポトフのスープに柚子を加えてお蕎麦を入れたもの。

柚子を加えただけなのに、その効果で洋風のスープが和風寄りになって、お蕎麦にとっても合いました。
東京會館の社員食堂でも出して好評だったんですって。
この技、今後ツカエそう。

そして試食のラストは…なんと…

d0339702_15152900.jpg


分厚つすぎるカツサンド{%上昇webry%}
3cmはあるかと思われるシルキーポークのロースカツ。こんな分厚いカツサンド(いや、とんかつも)食べたの初めて。
しかも、こんなに厚みがあるのに、まい泉のカツサンドみたいにやわらかいんです!
まい泉のカツサンドは、一旦お肉をたたいてから再成形してるようですが、このカツサンドは切り身を使ってるのに、お箸で切れるかのようなやわらかさ。

「なんでこんなにやわらかいんですか?」という質問に、担当者の方は「ひとつは掛け合わせが多いこと、そしてエサと熟成の影響でしょう」と。

一般的に豚を育てるときは3、4種類のエサを使うそうなのですが、この豚は発育に合わせて9種類のエサを使い分けているんだそう。
そして、熟成期間が2週間と、国産豚よりも長いんだそうです。

アメリカンポークといえども、日本向けに育てているから安全管理は徹底しているし、国産豚だと輸入のエサ(おもにトウモロコシ)に頼らないと育てられないから、輸入のエサの分値段が高くなってしまうけど、アメリカで育てればエサは現地で調達。その分安く提供できるんですって。

私、輸入のお肉は品質が劣ってるから安いのかと思ってた…。
でも、そうじゃないんですね(そういうのもあるかもしれないけど)。
豚を1キロ太らせるには、エサが3.5キロ必要なんだと。そうすると、エサ代だけでバカにならないですもんね。

帰ってきて同僚に「アメリカンポークおいしかったよ! 今度から買っちゃう」と言ったら、「行く前の疑い視線と180度変わりましたね」と言われちゃいました…。

あんなに食べたのに、帰ってからも胃もたれなし!
脂がしつこくないと、胃もたれもしないもんなんですね。

今日は勉強になったなぁ。
まだまだ知らないことっていっぱいあるもんだなぁ{%ハート1webry%}

料理カメラレッスン!

d0339702_15152910.jpg


素敵な調理器具がいっぱい!

d0339702_15152964.jpg


器もいっぱい!

さて、ここはどこかというと、フードコーディネータースクールのチュアレゾンさんです。

昨日はここでお仕事をしました。

私の勤めている会社は、クスパという全国のお料理教室を紹介するサイトを運営しています。

昨日は、このクスパに登録くださっているお料理教室の先生を対象に、このチュアレゾンさんで料理カメラレッスンを開催! 

私も料理写真を撮るコツを知りたい!参加したい!と思ってたところ…察してくれた上司が「スタッフとして行ってきて」と言ってくれたので、喜んで参加してきた次第なのです。

全3回の講座で、昨日は2回目。
メインテーマは、「夜でも料理写真をキレイに撮る方法」です。

d0339702_15152925.jpg


教えてくださる講師(カメラマンさん)は、原田真理さん。
勇気凛りんさん、根元きこさん、野口真紀さん…いろいろな人気料理研究さんの本を手がけてる方です。

夜の撮影はうまくいかないと悩んでいらっしゃる方が多いようで(私もその一人)、みなさん、ウンウンうなずきながら聴講していました(私も)。

夜にキレイな写真を撮るには、照明が大切。
専用のライトがあれば一番いいのですが、普通のスポットライトでも問題ないとのこと。もしそれもなかったら、家の天井についている照明を活用しても大丈夫と。

ただ、大切なのは、やはり逆光で撮ることだそうです。

あと、光はひとつが基本なので、使う照明以外の照明は消すんですって。

ほかにもいろいろ教えていただいたのですが、レイアウトの豆知識として「なるほど!」と思ったことをひとつ。

d0339702_15152957.jpg


撮りたいものが3個ある場合は、「Vの字置き」をしましょうということ。
これがバランスの良いレイアウトなんだそうです。

この写真でいうと、「くの字」ですね。

d0339702_15153068.jpg


こういうこと。

応用としては、4個ある場合は、「Wの字置き」だと。

自分でもなんとなくやってたかもしれないけど、改めてそう教えてもらえると俄然意識してできるようになります。

昨日は仕事とはいえ、楽しかったな。

黒豆のヘルシーおやつ「丹波の黒太郎」

先週末、築地にお買い物に行ってきました。

d0339702_15153090.jpg


これがその戦利品。

右下にあるのが、いつも買ってる大好きな{%ハート2webry%}大萬のマグロと鳥藤の鶏ささみ。

そして今築地では、被災地の食材を応援する緑のマルシェというイベントを毎週土曜にやっているのですが、その広場に初めて寄ってみました。
おいしそうな野菜や果物がすごくお買い得な価格で売っていて、ちょっと興奮。
しめじ2パック分が100円だったり、里芋も丸々太ったものが1袋10個以上入って170円だったり。
ほんのちょっとでも応援できれば…という気持ちで行ったんだけど、買いたいものがたくさんで、いろいろ買えてよかった!

d0339702_15153058.jpg


そして帰り途中、お豆やさんのおじさんに試食をすすめられたのがこれ、丹波の黒太郎

普段はあんまり試食は受け取らないんだけど(買わなきゃいけない気持ちになるから)、「丹波の黒豆だよー」のブランド力に魅かれて食べてみたら、豆の味が濃くておいしい!
珍しく即買いしました。

黒豆をほんのり甘く煮て、半乾燥させたものなんですって。

d0339702_15153056.jpg


仕事中のおやつにしようと思って。

黒豆の黒い色は、ポリフェノール。抗酸化パワーがいっぱいです!
そのうえ、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンも豊富なので、この黒太郎は美容と健康にも良し!

しばらくおやつタイムを満喫できそうです{%キラキラwebry%}

ヨーグルトは食前か食後、どっちに食べるといい?

先週作ると言っていたフーチャンプルー、作ってみました!

d0339702_15153061.jpg


夕飯の残りをお弁当に詰めたものだから、なんだかグチャグチャ!?
キレイに撮れなかった。。

でもやっぱりお麩がおいしい! フワッフワ!

これで一個料理のレパートリーが増えたぞ、ラッキーって気分です。

さてさて、話は変わりますが、先週末にテレビを見ていたら「ヨーグルトは食前か食後、どっちに食べるといいか」というクイズをやってました。

d0339702_15153084.jpg


一般的に、ヨーグルトの乳酸菌は胃酸で死んじゃうのですが(今は胃酸に強い乳酸菌入りヨーグルトも発売されてますが)、胃の中にすでに他の食べ物があると、その分胃酸の攻撃を受けにくくなります。
つまり、食後に食べたほうが乳酸菌が死ににくいから、腸まで届きやすくなるということで、正解は「食後」でした。

私も栄養士の学校の授業でそう習いました。
でも、それには補足もあって「胃酸で死んでしまった乳酸菌は、腸の中で善玉菌のエサになるから、結局食前でも食後でも、どっちもお腹にはいい」と教えてもらったんです。

なので私はとくに気にせず食べてます!
むしろ仕事中のおやつ(17時ごろ)によくヨーグルトを食べるから、食前派です。