<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

簡単おくらレシピ

今週発売された美的7月号で、「夏の食べ合わせ&食べ順ルール」特集を監修させてもらいました。

d0339702_15153695.jpg


私は8ページ分を担当したのですが、こんなにページ数が多いのは初めての経験。
食べ合わせのルールを決める、レシピのアイディアを出す、試作、調理、撮影…と、スケジュールがタイトでちょっと大変だったけど、やりがい十分で楽しくやらせていただきました!

d0339702_15153683.jpg


その中で「おくらの梅マヨ和え」という、おくらをチンして梅干とマヨネーズで和えるだけの超簡単レシピを紹介しているのですが、料理撮影のときに人気フードスタイリストのすずき尋己さんが「これ、おいしー」と何度もおっしゃってくださって♪

「明日のお花見弁当に、これ作っていこう」とまでおっしゃってくれました(撮影は桜の時期でした)。

d0339702_15153646.jpg


それがこれ。

おくら5本のへたを切って2等分にし、600Wのレンジで30秒チンをして、箸でくずした梅干(1/2個)とマヨネーズ(小さじ2)で和えるだけ。

おくらはこれからが旬なので、よかったら試してみてくださいね。
そして美的も、よろしければぜひご覧ください。

ぬか漬けに挑戦!

去年の終わりくらいから、ぬか漬けに挑戦してみたいと思っていました。

やるからには大好きな野田琺瑯の漬物用容器で、と思っていたのですが、けっこう大きいんですよね。
口コミを調べてみると、大きくて冷蔵庫が占領されるっていう書き込みも多くて…断念。

d0339702_15153668.jpg


結局、ゴールデンウイークになにげなく入ったインテリアショップKEYUCA(ケユカ)で、この容器を買ってみました。
全くおしゃれじゃないですけど、大きさがちょうどよくて、400円で安かったんです…!

d0339702_15153630.jpg


早速スーパーで買った炒りぬかで、説明書き通りにぬか床をセッティング。
母のアドバイスを受けて、唐辛子と昆布、卵の殻も入れました。

ぬか床ができたら、「捨て漬け」ってことをしなくちゃいけないみたいです。
ぬかの発酵を促すために野菜のいらない部分(皮とか葉とか)を5日間くらい漬けこんで、それを捨ててから本格的にスタートができる仕組みなんですって。

けっこう手間がかかるのね、と思いながら捨て漬けも完了して、初めて漬けたのがこれ。

d0339702_15153609.jpg


きゅうりとかぶです!

でも、、、すごくしょっぱかった。
まだぬか床が落ち着いていないのか、それとも漬ける日数が長すぎたのか…。
夫も「しょっぱいね…」と、箸が進まず。。。

ワクワクしながら食べたからショックは大きかったけど、めげない、めげない。
これから試行錯誤して、おいしいぬか漬けがつけられるようになりますように。

ちなみにこのKEYUCAの容器、とっても使いやすいです。
大きさもちょうどいいし、ふたも開けやすいから買って良かった!

さあ、がんばるぞ。

たけのこについている白いモロモロ

今年は全国的にたけのこの成長が少し遅かったみたいですね。
5月に入って、今年初めてたけのこを食べることができました。

d0339702_15153736.jpg


さて、茹でたたけのこを切ると、こんな白いモロモロしたものがついていることはありませんか?
もし、これをわざわざ洗って取り除いているとしたら、、、とってももったいないですよ。

この白い成分は、チロシンというアミノ酸。
チロシンは神経伝達物質の原料になって、脳の働きを活発にしてくれる働きがあるんです。
つまり、元気のもとになる成分というわけ。

「ゴールデンウイークが明けたらやる気が出ない…もしかして五月病かも!?」なんていう方は、チロシンを味方につけてみてはどうでしょう?

d0339702_15153711.jpg


ちなみに私は、たけのこ料理の中では、たけのこご飯が一番好きです!
おいしかったぁ。

-------------------------------お知らせ-------------------------------
d0339702_15153724.jpg


ViVi6月号「二度と!太らない食べ方」特集に栄養面で解説させていただいています。
ホンマでっか!?TVで人気の脳科学者、澤口先生も脳科学的に解説されていますよ。
よかったらご覧くださいね。

卵を使わないフライ衣

揚げ物は好きだけど、面倒ってことと油を摂り過ぎないために、作るのは月一回くらいのペースです。

作るとしたら唐揚げかフライのどっちかなんですが、フライをつくるときって「小麦粉→卵→パン粉」と、衣をつけるのに3段階あって面倒に感じませんか?

しかも2人暮らしだと、卵1個使い切れないから、余っちゃってもったいない。。
なので、いつからか私は卵を使わずにフライをつくるようになりました。

d0339702_15153778.jpg


小麦粉と酒を合わせて少しトロッとさせたものに素材をからませます(分量は適当…)。そのあとにパン粉をつけて揚げるのですが、卵を使わなくてもおいしく仕上がりますよ。
しかも3段階が2段階に減るし。

ときどき小麦粉と水を合わせてつくる方法も見かけますが、水だと旨みやコクがないので、卵の代わりにするなら酒のほうがいいかな、と私は酒を使っています。

d0339702_15153764.jpg


ゴールデンウイークで時間に余裕があったから、今日は鯵フライにしてみました。
パン粉がちょっとしかなかったのであまり衣がついていませんが…、でもおいしかったですよ!


-------------------------------お知らせ-------------------------------
d0339702_15153724.jpg


ViVi6月号「二度と!太らない食べ方」特集に栄養面で解説させていただいています。
ホンマでっか!?TVで人気の脳科学者、澤口先生も脳科学的に解説されていますよ。
よかったらご覧くださいね。