<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5分で完成! トマトリゾット

今週に入ってスーパーの品ぞろえが少し落ち着いてきたように思えますが、まだまだ納豆やヨーグルトなどは朝に全部売り切れてしまうみたいですね。

一週間ほど前、スーパーに行ってもあまり物がなかったとき、「どうしようかなあ…」と思っていたら、水はすべて売り切れなのに、その横にはトマトジュースがたくさん置いてありました。

とりあえずトマトジュースを手にとり、それで思いついたのが、これ。

d0339702_15153842.jpg


トマトジュースとツナ缶だけで作るトマトリゾットです。

レシピはこちら↓(一人前)
1.トマトジュースを1カップ、ツナ缶を1缶、そして余りご飯を鍋に入れて3−5分加熱。
2.塩、こしょうで味付けすれば完成!
3.お好みで粉チーズやハーブ(写真は、乾燥バジルをかけています)をふりかけて。

トマトに含まれる旨み成分のグルタミン酸、そしてツナの旨みが合わさって、これだけなのに十分すぎるほどおいしいリゾットになります。
トマトでビタミンも摂れるし、栄養的にもいい感じ。

これも節電(節エネ)レシピかな?
そう思うと、ちょっと満足感が高まります。

夏にも計画停電は確実のようだし、節電レシピ、コツコツためていこうと思います。

お鍋でご飯を炊く

国を挙げての節電が行われて2週間ほど経ちますが、逆に今の状態のほうが普通なんじゃないかと思うことが多々あります。今までの東京が明る過ぎたように思えるのは私だけ?

外を出れば駅も街中も今までよりずっと暗いけど、でもこのくらいの明るさで問題ないし、あえて私だけの視点でいえば、ずっとこのままでもいいんじゃない?と思ってしまいます。
もちろん、病院やお年寄りなど、危険にさらされる可能性が高い場所や人には明るい視野が必要ですが。

東電は、とりあえず4月いっぱいは節電を、そして夏になったらまた節電を呼び掛かける計画をしているようですね。

まずは被災地の電力確保がしっかりできるよう、そして東電が落ち着くまで何年もかかるかもしれないし、引き続き一番身近な協力、電気の節約に努めたいと思っています!

d0339702_15153813.jpg


今まで、自分の中ではできるかぎりの節電をしてきたつもりですが、炊飯器は見落としていました…。
ご飯は炊飯器で炊くものだっていう固定観念があったのだと思うけど、ご飯だってお鍋で炊けばいいんですよね。

d0339702_15153858.jpg

今までピラフとかパエリアとか洋風の炊き込みご飯しかお鍋で炊いたことなかったので、白米は初めてです。
でもとってもおいしく炊けました!

炊飯器だと45分かかるのがお鍋だと25分で炊けるから、とっても時短。
しかも、なんとなくお鍋で炊いたほうがおいしい気がするのは気のせいでしょうか。
うちの夫はダイエットをしているのでご飯は1杯までと決めているようですが、今日はおかわりしていました…。

これからできるかぎり、お鍋ご飯を実践していきます!

参考までに炊き方を。

1.米を洗い、1時間ほど水につけておく。
2.米と米の重量の1.2倍量の水を鍋に入れ、ふたをして強火にかける。
3.沸騰したら弱火にし、そのまま12分間弱火にかける。
4.火を止め、そのまま10分蒸らす。

水の分量の計算は、こちら

お米は1合150gで計算しましょう。
例えば、ご飯を2合炊く場合は、米2合×150g=300g。300gがお米の重量になります。
なので水の分量はこの1.2倍なので、300g×1.2で360g(360ml)になります。

節電レシピ

この度の東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

本当に、今日本で起こっていることが信じられません。
ふと一瞬、夢なんじゃないかと思うくらい、現実味を帯びていないように感じる瞬間があります。

自分に今何ができるのか。

小さなことですが、節電と義援金、少しでも早く被災地が復興できますようにと願うことしか思いつきません。
小さな力ですが、でもそれしかできないので、それを精一杯やっていこうと思います。

d0339702_15153849.jpg


今、いろいろなレシピサイトでは、「節電・節ガスレシピ」を掲載しています。
私もこのブログでご紹介したレシピの中で、節電につながるような、本当に簡単で短時間でできる簡単なレシピを一覧にしました。

小松菜ジュース
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201103/article_2.html
30秒でできる栄養満点ふりかけ
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201011/article_4.html
あったかドリンク「きな粉豆乳」
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201009/article_5.html
かぼちゃの煮物がスープに変身
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201008/article_3.html
レンジでつくる卵豆腐
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201008/article_2.html
缶詰で作る冷汁
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201007/article_5.html
アボカドがレバ刺しに変身!
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201007/article_3.html
マロン流本格ハヤシライス
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201006/article_1.html
おからサンドイッチ
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/201003/article_1.html
2分でできちゃうトマトスープ
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/200910/article_4.html
ヘルシーキウイジュース
http://blog-food.kireiblog.excite.co.jp/200906/article_8.html

少しでも節電につながりますように。

そして、被災地の1日も早い復旧を心から願って、私ができることをやっていこうと思います。

小松菜ジュースで春の健康生活♪

今週は雪が降りつつも、だんだん春っぽい気候になってきましたね。
今まで朝は寒くて寒くて、とても冷たい食べ物なんて食べられなかったけど、だんだんヨーグルトやフルーツを食べたい気分になってきました。

そこで先週から始めたのが、手づくり野菜ジュース。

d0339702_15153855.jpg


今は小松菜ジュースがお気に入り。

いろいろなレシピを見てみると、野菜ジュースって数種類の野菜や果物を使っているものが多いし、それぞれ少量しか使わないので、その材料を集めるのが面倒だったりします。
なので「少ない材料でおいしいジュースを作ろう!」と自分の中でルールを設けて、毎朝分量を調整しながら「おいしい野菜ジュース」作りを目指しています。

この小松菜ジュースの材料は、小松菜とりんごジュースだけ。
分量は、小松菜:りんごジュースが1:3です。
何回か試して、この割合がベストだと思いました。

小松菜は茹でないで生のまま使えるので、とっても便利な食材です。
しかもビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、少量でもバランス良く栄養補給ができる食材なんですよ。

アバウトですが一応、レシピはこちらです。

小松菜ジュース
材料
小松菜:りんごジュース 1:3の割合でお好きな量
あれば、レモン汁 少々
※私は1人分で小松菜30g、りんごジュース90gで作っています。

作り方
1.小松菜を2cm幅くらいに切る。
2.小松菜とりんごジュース、あればレモン汁をミキサーに入れてかける。

わざわざはちみつを入れなくても、ほどよい甘さになるので、おいしくできますよ!

花粉症対策にたまねぎ!

本格的な花粉症シーズンに突入しましたねぇ。。

私は5年くらい前に花粉が大量に舞った年、日常生活が送れないくらい(あまりに辛くて会社を早退して、ヒンシュクをかったことがあります…)の症状におちいったので、今年は本当にビクビクしています。

よく花粉症を予防するにはヨーグルトがいいといいますよね。
それは、ヨーグルトが腸を健康にして、免疫力を高めるからなんです。

つまり、腸を健康にすれば花粉症の症状を軽くすることが期待できるんですよ。

腸を健康にするために必要なのは、主にこの3つ。
1)発酵食品(ヨーグルトはこれ) → 腸に住んでいる善玉菌を元気にする。
2)食物繊維 → 便の材料になって腸をキレイにする。
3)オリゴ糖 → 腸に住んでいる善玉菌のエサになる。

発酵食品は、ヨーグルトの他に納豆やキムチ、調味料だったら味噌や醤油などがあります。
食物繊維はもうおなじみだと思いますが、野菜や海藻、きのこなどに多く含まれます。

そして、一番なじみがないのがオリゴ糖じゃないでしょうか。
オリゴ糖は「オリゴ糖」として商品で売っているものもありますが、食材だとたまねぎやごぼう、きな粉やはちみつに多く含まれる成分です。

d0339702_15153995.jpg


で、最近私が意識して食べているのが、たまねぎ。

それも丸ごとオーブンで焼いて、1個丸々食べちゃうのがこの頃のお気に入り。
熱々でトロッとした食感は、本当においしいですよ!

よかったらぜひ試してみてくださいね。


たまねぎの丸ごとオーブン焼き
材料
たまねぎ 何個でも

作り方
1.皮つきのたまねぎの底を包丁でちょっと切り、安定をよくする。
2.上部1/3に十字の切り込みを入れる。
3.2をオーブンシートか耐熱容器にのせ、200℃のオーブンで約50分焼く。
4.塩とオリーブ油、バター醤油など、お好みの味付けでいただく。

時間はかかりますが、オーブンに入れたら放っておけばいいので、とっても簡単ですよ!