<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おせち料理作り

結婚して初めてのお正月を迎える親友のお姉さんから、「おせち料理用の煮物となますの作り方を教えて!」とリクエストが。

ということで先週末、親友とお姉さんと一緒にうちでミニ料理教室を開催しました!
ずーっとしゃべりっぱなしで、ほんとおもしろかったなぁ。
いつも一人で無心になって料理を作ってるから、みんなで作る料理はとっても楽しかったです。

d0339702_15154155.jpg


これは味見用。煮物は筑前煮にしました。

d0339702_15154186.jpg


これも味見をしたなます。

なますは、私が服部栄養専門学校に通っていたときに教えてもらったレシピを愛用しています。
干し柿が入っているのがポイントなんですよ。
作って2-3日経つと、干し柿がトロンとした食感になって、おいしいんです。
うちの実家も、このレシピを習ってからはずっと干し柿を入れるようになりました。

このなます、友人もお姉さんも「おいしい、おいしい!」と喜んでくれました。
よかった!

レシピはこちら。
分量はだいたいですけど、、、よかったら参考にしてくださいね。

なます(作りやすい分量)

材料
大根 10cmくらい
にんじん 大根の1割くらいの量
干し柿 2個
ゆず 1/2個
(合わせ酢)
酢 1/2カップ
だし 3/4カップ
塩 少々
薄口醤油 小さじ1
砂糖 大さじ1.5
ゆずの絞り汁 1/2個分

作り方
1)大根とにんじんは千切りにし、それぞれ塩をふってもみ、しばらく置いておく。
2)干し柿は細切りにする。
3)ゆずの皮は千切りにする。
4)合わせ酢の材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。
5)④に水気を切った大根とにんじん、干し柿、ゆずの皮を加えて和える。
2-3日後が食べごろ。干し柿がトロンとしておいしくなるので。
にんじんは赤くて目立つので、分量を大根の1割を目安にすると、品よく仕上がります。

それではみなさま、よいお年をお迎えください!
来年もどうぞ宜しくお願いいたします!

キムチ鍋にちょい足し

今年は、深夜番組の「お願い!ランキング」が火付け役になって、ちょい足しレシピがブームになりましたよね。

うちの会社が運営している食品の口コミサイト「もぐナビ」でもちょい足しレシピのコーナーができたので、私もときどきレシピをアップしています。

d0339702_15154166.jpg


この前、お昼に放送されている「DON!」でやっていたのが、キムチ鍋にヨーグルト(無糖)をちょい足しする食べ方。
マイルドな味になるから子どもでも食べられるのがポイントらしいのですが、ゲストの渡辺満里奈が「おいしい!」と、演技ではなく本当に言っていたように見えたので、私も試してみました。

マイルドになるというより、ヨーグルトの酸味が加わってスキッとして、なおかつ味に深みが加わるかんじ。なかなかよかったです。
キムチとヨーグルト、発酵食品同士だから相性もいいはずですよね。

d0339702_15154171.jpg


締めは、ヨーグルト入りの残った汁にピザ用チーズも入れて、リゾットにしてみました。
チーズが好きだからということもありますが、こっちのほうがおいしい! まるでトマトクリームみたいな洋風な味になりました。

d0339702_15154170.jpg


で、翌日は、まだまだ残っていたその汁にトマトの水煮缶を加えて、パスタを和えてみたところ、これもおいしい!
トマトクリームパスタにより近づきました♪

ヨーグルトを入れる量は、テレビでは適量だったはずなので、私はちょっとずつ入れて、味の加減を見てから増やしていきました。

よかったら試してみてください!

築地のマグロ専門店「大萬」

今から3年前、築地まで歩いて10分ほどのところに引っ越しをしました。

引っ越しした当時、「築地通になりたい!」と意欲満々だったのですが、なにせ早起きが苦手で頻繁には通えず…。
でもさすがに3年間の蓄積で、最近ではずいぶんお気に入りのお店も増えてきました。

その中でも、マグロが大好きな私の一番のお気に入りが、築地場内にあるマグロ専門店大萬
マグロが好きなら、ここは本当に本当にオススメです!

d0339702_15154176.jpg


スーパーで買うよりはるかにおいしいし、安いんです。
いつもここで冷凍マグロ300gを4等分に切ってもらって、ストックしています。
お値段は本まぐろ(赤身)なのに、300gで2000円。
安いと思いませんか?

しかもうれしいのが、毎回オマケをいただけること♪
今日はマグロの解体をしていたところに伺ったので、解体したてのテール(尾)をもらっちゃいました。

d0339702_15154173.jpg


おまけなのに、重さが買った分と同じ300g…。ありがたい。
「筋が多いから、筋張っている部分はお味噌汁に入れてね」とアドバイスも。
ここに通うようになってからは、お味噌汁にオマケのマグロを使うことが多くなりました。
筋の部分があっても、加熱をするとトロンとした食感になるし、お寿司屋さんのお味噌汁みたいにおいしくなります。
このお味噌汁、マグロ好きとしては、この上なく贅沢な気分になれます。

ちゃんとした身の部分は味が濃くて旨みも強いので、下手に調味料を使っちゃうともったいない気がして、いつもそのまま醤油につけて食べています。
でもこの3年間、全然飽きないんですよね。ほんとにおいしい。

d0339702_15154152.jpg


いつも週末はこの混みよう!
進んでいくのがなかなか大変なのですが、マグロが好きな方は、ぜひお正月用に訪れてみてはいかがですか?

生理痛とコーヒーの関係

私はコーヒーが大好きなのですが、最近コーヒー断ちをしています。
なぜかというと、友人の経験談を聞いたから。

友人はこの夏、大きな仕事を成し遂げるために、かなりストレスフルな生活をしていました。
そこで、「コーヒーにはリラックス効果がある」というのを試してみようと、今までコーヒーをほとんど飲まなかったのに、試しに一杯飲んでみたんだそう。
そうしたらなんと、ウソみたいにホッとした気持ちになれたんですって。

d0339702_15154262.jpg


これがきっかけになって、彼女はその日からほぼ毎日コーヒーを飲むようになりました。
そんなこんなで一ヶ月が経ち、そうしたら、、、ほとんど生理痛を感じたことがなかった彼女にその月は生理痛が出てきたり、月経前症候群の胸の痛みもでてきたりと今まではなかった症状が…。

こわくなって婦人科の診察に行き、「今までと違うことがあったといえば、コーヒーしか思いつきません」と先生に伝えたら、「コーヒーが月経前症候群を増長するという研究もありますから、とりあえずコーヒーを飲むのをやめて様子をみてください」といわれたと。
そしてコーヒーを飲むのをやめたら、翌月は生理痛なし、胸の痛みなし、の元通りになったんだそうです。

私はコーヒーが大好き、毎日飲みます。そして生理痛は毎月重いんです。
だからこれを聞いて、コーヒー断ちをしてみたらどうだろうと、やってみました。

大好きなコーヒーを飲まないというのはかなりつらいので、1週間に1回(もしくは2回)は飲んでいいことにして実験してみたら…、生理痛がすごーーーく軽くなってびっくり!!

まだ2カ月ですが、毎月鎮痛剤が手放せなかったのに、この2回の生理ではお腹はほのかに痛い程度。毎月、痛い痛いとうなるほどの状態だったのが、薬を飲まずにいられたんです。
いつもは生理前後は具合が悪くなるので友人との約束を入れないようにしていたのですが、この2回は普通にショッピングを楽しめちゃいました(まだこわいので友人との約束は入れられませんが)。

この理由が、コーヒーのせいかは正直わかりません。
コーヒーの代わりに体を温めるといわれているほうじ茶を毎日飲むようになったからかも!?とも思ったり。

でもなんにせよ、これからもコーヒーはほどほどにして、様子をみてみたいと思っています。

さつまいもの簡単おやつ

この季節になると、我が家には夫の実家からたくさんのさつまいもが送られてきます。
いつも煮物にしたり豚汁にしたりのお決まりパターンばかりでだんだん飽きてきたので、最近はバラエティを増やそうと、せっせと新メニュー開拓をしているところです。

今日作ったのは、お団子みたいなこのおやつ。

d0339702_15154246.jpg


材料は「さつまいも」と「きなこ」と「はちみつ」の3つだけ。
会社に持っていって同僚と食べたのですが、フードコーディネーターで辛口トークの同僚からも好評でした!
このおやつ、おいしくて栄養があるのに低カロリー、しかもおやつなのに食物繊維がたっぷりの良いことづくしです。

ちなみに、さつまいもを切ると切り口から乳白色の液体が出てくることはありませんか?
この正体はヤラピンという成分です。便秘に役立つとされているんですよ。

さつまいもには食物繊維が豊富ですよね。
つまり、このヤラピンと食物繊維の相乗効果で、さつまいもの便秘改善効果がとくにいわれているんだと思います。

さて、レシピはこちらを参考にしてくださいね。


さつまいもボール

d0339702_15154250.jpg


材料(12個分・1個約20kcal)
さつまいも 100g
きなこ 大さじ1
はちみつ 大さじ1
きなこ(まぶす用) 大さじ1

作り方
1.さつまいもをゆで、つぶす。
2.熱いうちにきなことはちみつを混ぜ合わせる。
3.12等分にし、丸める。
4.バットなどに3を入れ、まぶす用のきなこをふりかけてまぶす。