<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

30秒でできる栄養満点ふりかけ!

会社に置いてある雑誌を読んでいたら、このふりかけのレシピに目が留まりました。

d0339702_15154209.jpg


材料はなんでしょう。
実はこれ、青のりとすりごま、そして意外にも…きなこが入っているんです。

最初このレシピを見たとき、「ふりかけにきなこを入れて、味は大丈夫なの?」と思ったのですが、ちょうどきなこと青のりを持て余していたので、試してみたら大正解。

おいしくて、この2週間で2回作っちゃいました!

レシピはとっても簡単。青のり、すりごま、きなこを各大さじ1、塩が小さじ1/2。
これを混ぜるだけです。

味を疑っていたきなこですが、青のりとすりごまの味が強いので(とくに青のり)、きなこの味はしないも同然!? まるで入っていないかのようです。
だから入れなくてもいいんじゃないかと思っちゃいましたが、きなこにはかなりの栄養が含まれているので、そういう意味で必須かと。

このふりかけ、カルシウムや鉄、マグネシウムや葉酸、食物繊維などの補給が期待できます。

私は市販のふりかけをほとんど食べないのですが、夫が「これ、市販品みたいな味がする」と言っていました。
市販品は添加物を入れているものが多いから、それとおなじくらいおいしいなら手づくりの方が安心!

地味なサイドメニューですが、よかったら新米のおともにどうぞ。

赤ワインの気になる成分!

今日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。

私はワインは好きですが、飲むと頭が痛くなるのでそんなに飲めません。
ということで、今日も気持ちは盛り上がっていないのですが、赤ワインの効能については興味深々。

d0339702_15154204.jpg


赤ワインの赤い色のもと、「レスベラトロール」という成分が最近注目を浴びているのですが、ご存知ですか?

レスベラトロールには抗酸化作用があって、老化のスピードをゆっくりにする効果が期待されているんです。寿命を延ばすともいわれているんですよ。
まだマウスでの研究ですが、最近では脳の神経に働きかけて認知症を改善するという研究結果が発表されて、ちょっと話題になっています。

こう書くと、ワイン(お酒)が飲めない方には関係のない話のようになってしまいますが、お酒が飲めなくても大丈夫!
レスベラトロールは加熱をしても失われないのです。
だから、加熱をしてアルコール分をとばしちゃえばOK。

d0339702_15154282.jpg


これは赤ワインで作ったりんごのコンポートです。
こんなかんじで火を入れてしまえば、お酒が飲めない方でも大丈夫でしょ。

ちなみに、レスベラトロールはぶどうの皮に多く含まれる成分です。
だから皮を使わないで作る白ワインより赤ワインのほうが、レスベラトロールが格段に多く含まれていますよ。

豆乳で作る「なんちゃって豚骨ラーメン」

今お仕事で、親子が一緒にお料理をするためのレシピ作成をしています。
で、提案しようと思っているひとつが、こちらのラーメン。

d0339702_15154352.jpg


豆乳で豚骨風の色を出した「なんちゃって豚骨ラーメン」です!
豆乳で作れば栄養たっぷりだし油分も抑えられるので、子どもの成長にもいいんじゃないかと思って。
お母さんの女性ホルモンサポートにも豆乳はいいですしね。

スープは豚ひき肉をごま油と香味野菜で炒めて、豆乳と水、醤油とオイスターソース、めんつゆを加えて作りました。
コクがあるのにさっぱりしているんですよ。

20代のころは本物の豚骨ラーメンを食べてもおいしく食べられましたが、最近はあのこってり感が気持ち悪くなっちゃうので、もう何年も食べていません。
でもこっちのラーメンは、試作で2週にわたって食べてもサラッと飽きずに食べられます。
寒くなってきたし、あったかいラーメンは体も温まってちょうどよし!

うまく仕事が進むといいなぁ。

生姜で効率よく体を温めるには?

朝晩が冷えますね。もう11月、そりゃ寒くなるはずだ。。
とっても個人的なことですが、去年の今ごろは私の弟に試練があって、家族ともども心配のし通しでした。でも今年はその心配がなくなったのと、もう1年も経ったんだなぁという気持ちで、かなり感慨深いものがあります。

さて、話を戻して生姜です。

生姜に体を温める効果があることは有名ですよね。
でも、「効率よく」体を温めるにはコツがあることをご存知ですか?

そのコツとは………加熱をすること!

実は、生の生姜には体を温めるよりも殺菌作用の力のほうが多く、加熱をした生姜には体を温める力のほうが多いのです。
だから、食中毒が多い夏場に食べる冷や奴には生のおろし生姜、悪くなりやすいお刺身にも生のおろし生姜が添えてある、というのも納得ですよね。

一方加熱の場合は、生姜の研究をしている医学博士の平柳先生によると、温度は70度以上であれば効果が認められるそう。だからポットのお湯でいいんですって。
チューブの生姜を味噌汁に入れたり紅茶に入れたりといった、そんな感じのお手軽な使い方でもいいみたいです。

d0339702_15154357.jpg


これは、高知県産の生姜のしぼり汁とはちみつ、レモン汁が入った「飲む生姜の力」というドリンクです。
母が買ってくれました♪ お湯に入れたり紅茶に入れたりして、今毎日楽しんでいます。
お母さん、どうもありがとう!