<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

牡蠣(カキ)とビタミンCの組み合わせ

私は牡蠣(カキ)が大好きなのですが、夫が苦手としているので、我が家の食卓に牡蠣が登場することはありません。
でも、、この前の土曜日は夫が朝から外出だったので、「そうだ、牡蠣を食べよう!」とワクワクしながら朝食で牡蠣の炊き込みご飯を作っちゃいました。

d0339702_15154359.jpg


牡蠣ってオイスターソースになるくらいだから、やっぱり旨みが強い!
おいしかったなぁ。
夫がいないときの密かな楽しみになりそうなくらい、テンションが上がりました!

さて、牡蠣の栄養といえば、特徴的な成分は亜鉛です。

亜鉛は細胞分裂を正常に行うために大切な成分。つまり、スムーズな新陳代謝に欠かせません。
この亜鉛が不足すると肌荒れや脱毛、免疫力の低下などの原因になるのですが、その中でもよく起こるのが、味覚異常です。
味覚異常とは、舌の細胞分裂がうまくいかなくなって、味が感じにくくなってしまう症状のことをいいます。

舌の細胞は、私たちの体の中でも細胞分裂のスピードが速いのです。
だから症状としてあらわれるのも早いということになります。

d0339702_15154350.jpg


ということで、不足したくない亜鉛の吸収率を高めるちょっとしたコツがこちら。

亜鉛はビタミンCと一緒に摂ると、吸収率が高まるんです。
だから私は、牡蠣の炊き込みご飯にゆずの果汁をかけていただきました。

よく生ガキにレモンを絞って食べますよね。
レモンにもビタミンCが豊富ですし、これもいい組み合わせといえます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

スライス干ししいたけ de 楽チン家事

私、数ヶ月前に初めて、スライスされた干ししいたけの存在を知りました。
きっかけは、会社の同僚の子からいただいたお土産で。

d0339702_15154377.jpg


使ってみたら、とっても便利!
戻さなくても、そのまま煮汁やお味噌汁に入れて使えるんですね。
いつも戻すのに時間がかかっていたから、これはうれしいこと。
干ししいたけを1個丸ごと戻してもどうせ切るんだし、私としてはこっちの方が断然使い勝手がいいです。

d0339702_15154308.jpg


なので、先週末に築地の乾物やさんで大量買いしてきました!
貴重な国産原木栽培なうえにけっこうな量ですが、1袋800円ほど。お買い得です。

d0339702_15154477.jpg


最近だいぶ涼しくなってきたので、今日はこれを使って茶碗蒸しを。
スライス干ししいたけは戻さずに、直接卵液に入れて戻します。
あー、楽チンだぁ。

ちなみに干ししいたけには、カルシウムの働きを助けてくれるビタミンDが豊富です。
カルシウムをいくら摂っていても、このビタミンDがないと、うまく骨になってくれないんですよ。

秋といえば、きのこ。
来週はこのしいたけを使って、炊き込みご飯を作ろうかな。

れんこんで風邪予防!

うちの会社では、今風邪がはやっています。
一人が引きだすと続々連鎖していって、あっというまにもう5人目。
うつりたくない…。季節の変わり目はやはり気をつけないと。

ということで、れんこんの登場です!

d0339702_15154424.jpg


れんこんは白くて味の主張もないので、栄養も頼りないと感じられるかもしれませんが、そんなことはありません。

ビタミンCがレモンと同じくらい含まれていたり、れんこん特有のポリフェノールには免疫力をアップさせる働きがあるといわれていたりと、風邪予防にはうってつけの野菜なのです。

いつもきんぴらか酢ばすにしていたので、今日はお団子にして味噌汁に入れてみました。もちもちしてておいしいんですよ! おもちみたいなもちもち感です。

そういえば、去年のこのブログでもれんこんのことをアピールしていました。
ご紹介したのが れんこんハンバーグ

秋は根菜がおいしい季節ですしね、風邪うつりたくないからたくさん食べとこっと。


れんこん団子

材料(作りやすい分量)
れんこん 100g
片栗粉または薄力粉 大さじ3
塩 少々

作り方
1.れんこんをすりおろし、片栗粉(または薄力粉)、塩を加えて混ぜ合わせる。
2.団子状に成形し、ゆでる。
※今回の味噌汁は、沸いた出汁の中に直接加えてゆで、味噌を溶いて仕上げています。

きな粉豆乳をアレンジして、「きな粉ジャム」に!

先週きな粉豆乳をご紹介しましたが、これをアレンジするとジャムに変身します。
ジャムといってもなんちゃってジャムなので保存性は良くないのですが、確実においしいので、こちらもご紹介しますね!

d0339702_15154466.jpg


味は、ピーナッツペーストみたい。
豆乳は牛乳に変えてもいいし、黒糖がなければ普通の砂糖やはちみつにしてもOKです。
でも、栄養面を考えると、砂糖よりも黒糖を使うのがオススメ。
なぜなら、砂糖にはカルシウムや鉄は含まれていませんが、黒糖にはけっこうな量が含まれているから。
黒糖大さじ1には、牛乳1/3カップ分のカルシウム、ほうれん草2株分の鉄が含まれているんですよ。

あまり黒糖を常備しているご家庭はないとは思いますので…、もしあったらぜひ黒糖を使ってみてください!

きな粉ジャム

材料(食パン2枚分)
豆乳(無調整) 大さじ1・1/2
きな粉 大さじ2
黒糖 大さじ2

作り方
1.豆乳と黒糖を鍋に入れ、弱火にかける。
2.黒糖が溶けたら火を止め、きな粉を入れて混ぜる。
3.器に移して冷やす。
※これを多めに作っておいて、豆乳に加えれば、きな粉豆乳にもなりますよ♪