<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冷凍きのこ de 楽チン家事

きのこが一年で一番安いのは、夏なんですって。
きのこって秋の味覚だから秋が安いのかと思いきや、一番需要が減る夏が底値なんだそうです。

あんまり気にしたことはなかったけど、そう言われればそんな気も…!?

d0339702_15154580.jpg


きのこは冷凍をすると細胞が壊れて、うまみ成分がグンと増えるんですよ。
だからというか、、、私は使い勝手がいいというほうが勝っているからなんですが、数種類のきのこをいつも冷凍しています。

いしづきを取って保存袋にいれておけば、お味噌汁でも炒めものでも炊き込みご飯でも、なんにでも使い回せるので本当に便利!

d0339702_15154654.jpg


今日は鶏肉と炒めてみました。やっぱり冷凍きのこはうまみが強いので、そんなに味付けをしなくても、おいしく仕上がるんです。

私は食物繊維とビタミンDを摂るために、一年中きのこは食べるようにしています。
きのこといえば食物繊維というイメージが強いと思いますが、ビタミンDが摂れる代表食品でもあるんですよ。

ビタミンDは骨を強くするために必要な栄養素。カルシウムと同じくらい骨にとって大切な栄養成分です。
秋だけじゃなくて、いつも食べたい食品です!

かぼちゃの煮物がスープに変身!

夏野菜の代表といえば、かぼちゃ。
ビタミンカラーのオレンジ色は、夏の太陽のような元気色! 食べるとそれだけで元気になれそうな気分になりませんか?

まさに、オレンジ色は体を酸化から守ってくれるベータカロテンの色なんです。
肌の紫外線ダメージにも、ベータカロテンは強い味方。私はこの時季せっせとかぼちゃを食べています!

d0339702_15154642.jpg


この前テレビを見ていたら、かぼちゃの煮物に牛乳を加えるだけでおいしいスープに変身するとやっていて、それを試食したタレントさんたちも絶賛してたんです。

私がいつもかぼちゃのスープをつくるときは、ちゃんと玉ねぎを炒めてってところからやってたので、玉ねぎの旨みがなくてもおいしいの!?と若干疑いはあったけど、実際つくってみたら納得でした。

d0339702_15154699.jpg


これでこんなにおいしいなら、手間がなくてすごくいい!

よく、「コンビニで買えるもので健康的なご飯をつくれませんか?」と質問されるけど、これならコンビニでかぼちゃの煮物と牛乳を買えばできるから、その点でもいいアイディアだと思います。

いつも思いますが、アレンジレシピを紹介するコーナーって、裏で考えている人がいるんですよね。こういうアイディアを考えられる人ってホントにすごいなぁ。

下のレシピは私がつくった分量です。テレビのとは違うけど、とってもおいしくできますよ。


かぼちゃの煮物でつくるかぼちゃスープ(2人前)

材料
かぼちゃの煮物(皮つきでも皮なしでもどちらでも) 150g
牛乳 120ml
塩 少々

作り方
材料全部をミキサーにかける。もしくは、かぼちゃの煮物をマッシャーでつぶし、牛乳と塩を加えて混ぜる。

※私は今回、写真をきれいに撮りたかったので皮なしで作りましたが、皮ありの方が栄養がより摂れますよ。

レンジでつくる卵豆腐

暑い夏は、火を使ったお料理はなるべく避けたいですよね。
この時季は、電子レンジを使ったお料理特集なんかを目にしませんか?

私は炒めたり煮込んだりする作業が好きなので、レンジはもっぱら温める専門。
レンジで料理を作ることはあんまりしないなぁ。

でもこんな私でも、この暑さでは思わずレンジに頼りたくもなります。
一応、少ないながらもお気に入りの電子レンジ料理があったりするので、今日はその中のひとつ、卵豆腐をつくってみました!

d0339702_15154644.jpg


蒸し器でつくれば15分はかかるますが、レンジだとたったの4分!
しかも、ふるっふるでスもたたず、キレイにできるんです。

初めて作ったときは、蒸し器でつくったのと変わらないなめらかさに感動しました。
なので、もしよければ下のレシピで作ってみてくださいね。

冷たく冷やした卵豆腐…暑い夏には絶対おいしいですよ!


レンジでつくる卵豆腐(2人前)

材料
卵 2個
だし 130ml
塩 小さじ1/3
みりん 小さじ2/3
めんつゆ(ストレート) 適量

作り方
1.卵を溶き、だしと塩、みりんを加えて混ぜる。
2.1をこす(面倒だったら省略してもOK)。
3.2を2等分にして器に注ぎ入れる。
4.それぞれの器にぬれたキッチンペーパーをかぶせ、その上にラップをする。
5.300wの電子レンジに4分から4分30秒かける。
6.5を冷蔵庫で冷やし、いただくときにめんつゆをかける。

紫外線に打ち勝つにんじんジュース

暑ーーーい…。しかも紫外線もすごーーい。

テレビでやっていたけど、照り返しの紫外線ってけっこう受けているものなんですって。
毎日一応、日傘と腕カバー、サングラスで紫外線対策をしてるけど、肌は確実にダメージを受けているんですね。ショック。。

紫外線の肌ダメージをなんとか最小限に食い止めるのが毎夏のテーマ。

d0339702_15154732.jpg


ということで、今はジュースで体内ケアをしています!
ただいま、にんじんジュースを愛飲中。

にんじんとオレンジジュースのミックスです。
オレンジに多く含まれるビタミンC、そしてにんじんのベータカロテンには、両方とも皮膚を健康にしてくれる働きがあるんですよ。

今日はなんだかパンを作りたくなって、2年ぶりにパンを焼きました。

d0339702_15154747.jpg


にんじんジュースを飲んで、手づくりパンをおやつに持って、会社に出社。
なんだか健康的な朝を過ごした気分がして、めったにないことですが、テンション高めで通勤しちゃいました。

d0339702_15154704.jpg


そういえば、去年の春夏はトマトジュースを飲みまくってたなぁ。
毎年マイブームは変わるものですね。

さて、にんじんジュースのレシピはこちら。

普通は、にんじんとオレンジ(オレンジジュース)の量を同量にしてジューサーにかけるレシピが多いのですが、ジューサーだと食物繊維が摂れないので(うちにはジューサーがないし…)、ミキサーで作るレシピです。
ミキサーでにんじんとオレンジの量を同量にすると、にんじんの繊維でドロドロになりすぎてしまうので、このレシピはオレンジジュースの量が多いレシピになっています。

ミキサーで作るにんじんジュース(2人前)
90kcal


材料
にんじん 150g
オレンジジュース 250ml
はちみつ 小さじ1
レモン汁 小さじ2

作り方
材料全部をミキサーにかける。