<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なんちゃってクレームダンジュ

「気候が暖かくなってくると冷たいものが食べたくなる」という人間の心理状況を反映して、5月からヨーグルトの売り上げって伸びてくるんですって。

なるほど、たしかに私も今月からヨーグルトの500gパックを常備するようになりました。

ということで、今日はイタリアンデザートの定番、「クレームダンジュ」の簡単作り方をご紹介!
クレームダンジュって、フロマージュブランというフワフワのフレッシュチーズを使って作るものなのでヨーグルトとは関係ないのですが、フロマージュブランは手に入れにくいものですよね。

そこで、代わりにヨーグルトで作っちゃおう、というわけです。
しかも生クリームや卵白も使わない、思いっきり手抜きなレシピです。

なんちゃってクレームダンジュ
100kcal


d0339702_15154970.jpg

材料(2人前)
ヨーグルト(無糖) 100g
クリームチーズ 20g
砂糖 大さじ1
お好みのジャム(低糖) 大さじ1
あれば、ミントなどのハーブ 適量

作り方
1.クリームチーズを室温に戻す。
2.1と砂糖をなめらかになるまで混ぜ合わせる。
3.ヨーグルトを少しずつ加え、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
4.キッチンペーパーで3を包む。。
5.ボウルにざるを重ね、4をのせる。その上から適当な器などを重しとしてのせる。
6.冷蔵庫に約30分間入れ、水切りをする。
7.2等分にして器に盛り、お好みのジャム、あればミントなどのハーブを添える。

作り方5のヨーグルトの水切りは、こんな感じでやっていただければOK。

d0339702_15154919.jpg

ざるがなければ、ざるなしでも、けっこうちゃんとできますよ!

圧力鍋で大豆デビュー!

同僚がお豆にハマり、豆料理教室に通いだしました。
いつもながらそれに影響され、私もお豆に注目してみることに。

今までほとんどお豆をちゃんと煮たことがなかったので、「私も煮たい!」と、まずはお豆選びから。

d0339702_15155098.jpg

築地で有名なお豆やさんの「塩田商店」で大豆を買ってみました。
大豆の自給率は6%ですが、ちゃんと国産大豆が手に入ってうれしい!
お店の人も親切で、お豆初心者の私にいろいろ説明をしてくれてありがたかったです。

d0339702_15155067.jpg

しかも、大豆を煮るのって難しい(手間がかかる)と思っていたのですが、圧力鍋を使えばすごく簡単なんですね。
3倍量の水に一晩つけて戻し、圧力鍋で5分火にかけるだけ。蒸らしも5分で、合計10分でできるんです!

缶詰の大豆水煮と全然違って、ホクホク甘くておいしいし。
味付けをしなくてもそのままでとってもおいしいんです。
味見のつもりが、食べたらやめられなくなりました!
夫も「おいしい!」とビールのおつまみとしてバクバク…。

土曜日にでき立てをそのまま食べ、次の日からも大豆三昧です。

d0339702_15155036.jpg

日曜は煮物に。

d0339702_15155046.jpg

月曜の朝食にはサラダに入れました。

d0339702_15155000.jpg

火曜日の夕食にはチリコンカンで。

あとは甘酢につけたものもあるので、これだけで1週間大豆を満喫できます。
あーー大満足!
大豆だけじゃなくて金時豆も買ったので、再来週くらいにはそっちも煮てみようかな。

特注のオリジナルビール!

我が社は、5月6日に6歳のお誕生日を迎えました!

その創立記念のプチパーティを社内で行ったのですが、そのとき会社からいただいたお土産がこちら。

d0339702_15155030.jpg

「箕面ビール(みのおビール)」ってご存じですか?
大阪で有名な地ビールらしいんですけど、そのオリジナルバージョンです。
社長の出身がこのあたりということで、社長からのイチオシプレゼント。

d0339702_15155042.jpg

わかります? 右上に弊社のロゴマーク(es)が入っているんです。
そしてこれは見えないと思いますが、英語の文章は社長からのメッセージ、「Eat Smart 6th Anniversary 2010」ともついています。

ろ過や熱処理をしないから、生きたビール酵母が入っているんですって。
少量生産で、しかもこだわりをもったビールだけあって、いつも飲んでいるビールとは全然違うおいしさ! 
泡がきめ細かくて泡もおいしいし、生ビールの味わい深い版みたいな感じなんですよ。
今まで飲んだ地ビールの中で一番おいしいかも。

箕面ビールではこのようなオリジナルラベル作成を受け付けているので、もし結婚式の引き出物やちょっとしたプレゼント選びに迷っている方がいらしたら、これなんかどうでしょう。

作成まで2週間かかるとのことなので、今からなら父の日にも間に合いますね。

さて、1日のビールの適量はどのくらいだと思いますか?

正解は500mlです。
目安としては、缶ビールなら大きい方を1本、生ビールなら中ジョッキ1杯になります。

そろそろビールがおいしい季節、飲み過ぎないように気をつけましょ。

冷凍ワザでお弁当おかず

ゴールデンウイークが終わっちゃいました…。
うちの会社としては珍しく、30日も休日になったので7連休。お正月休みよりも多い連休だったので、今日からの仕事復帰がつらいです。。。

でも、休み自体は大充実!
ご飯の作りだめもいつも以上にできました♪

d0339702_15155084.jpg

これはひじきの煮物をお弁当用カップに入れて冷凍したもの。
こうやって冷凍しておくと、そのままお弁当箱に入れられてお昼には解凍されているし、保冷剤代わりにもなって便利です。

あとは切干大根の煮物や卯の花などを同じ形で冷凍しました。
あー、これでしばらくお弁当作りが楽になってうれしいな。

私は携帯電話のダイエットサイトをディレクションしているのですが、春になるとお弁当レシピの人気が高まって、よく見られるようになります。

新生活が始まると、それだけお弁当作りにチャレンジする方が増えるということですよね。
お弁当ビギナーの方、カップ入り冷凍おかず、オススメですよ。