カテゴリ:楽チン家事アイテム( 20 )

ラ・ファソン古賀のソースキュリー

週末の誕生日、代々木上原のフレンチ有名店、ラ・ファソン古賀(旧 コムシェブ)でみんなにお祝いをしてもらいました!

d0339702_15150466.jpg

(写真はHPより)

ここは先輩Kさんのお兄さんのお店。コムシェブ時代から通わせてもらっていて、今回は移転して初めての来店。

毎回ながら本当においしくて、今回は穴子とフォアグラとフルーツを組み合わせた魚料理に感動しました!
あとウニとコンソメゼリーが入ったコーンスープもおいしかったなあ。
とにかく絶妙な食材の組み合わせを生み出す、その発想力がすごいと思います。

楽しくておいしくて、そしてお誕生日までお祝いしてくれたことが幸せで、本当にハッピーな一日でした。

d0339702_15150417.jpg


Kさんからは、このお店の名物、ソースキュリーというカレーをプレゼントしてもらっちゃいました!
ソースキュリー、大好きなんです。
お店で買って帰ったことも、取り寄せたこともあるくらい大好き。

d0339702_15150434.jpg


今晩は、早速ソースキュリーを夕食に。

そう、見ての通り、具なしのカレーなんです。
でもあなどるなかれ。牛すね肉、十数種類の野菜からとったブイヨンをベースにしているこのカレー、とにかく美味!
しかも手間を加えて油分を取り除いているらしく、胃もたれもしないんだとか。

だからガッツリしたカレーっていうのではなくて、繊細な味なんです。お腹も心も満たしてくれる癒し系というか。
でもカレーとしての満足度は文句なし! サラサラのスープなのに、お腹はちゃんといっぱいに♪

d0339702_15150450.jpg


同じくお祝いしてくれたNさんからは、汗かきな私のために、こんなたくさんのタオルをプレゼントしてもらっちゃいました!
冷えないように靴下も♪

Kさん、Nさん、そしてYちゃんさん、どうもありがとうございました!

ソースキュリー、気になる方はコチラからチェックしてみてくださいね。
今発売の東京カレンダー(カレー特集)にも載っていますよ。
http://la-f-koga.com/curry

今年の会社創立記念品は?

1年くらい前から、ビクトリノックスのこのナイフを愛用しています。
ビクトリノックスって知らない人も多いと思うけど、スイスのナイフメーカーで、スイスでは一家に一本持っているというくらいメジャーな包丁だそうです。

d0339702_15150754.jpg


私のこれはトマトベジタブルナイフという種類で、軟らかくて切りにくいトマトもスパッとキレイに切れるというのが売り文句。
ほんと切れ味がよくて、1000円くらいのものなんだけどコスパがかなり良いのです。

切れ味がいいから、ポークソテーやチキンソテーなんかもこれで切っちゃうという邪道な使い方もしてます。

そんなこんなで愛用していたら、今年の会社創立記念アイテムはこちらでした!

d0339702_15150707.jpg


ビクトリノックスのぺティナイフです! やったあ!

d0339702_15150721.jpg


ちゃんと見えないけど…、会社のロゴがはいってます。そして9th anniversaryと。もう9年なんだな。
設立時から私はいるから、私も9個歳をとったんだ。月日が流れるのは早い…。

なんてことはさておき、これも使わせていただこう!

料理酒+レモン汁=白ワイン!

イタリアンとかフレンチ系のお料理をしていると、材料で「白ワイン」が必要なことないですか?

私は料理用の白ワインを常備していないので、そんなときは料理酒を入れてました。

でも数年前、「料理酒(日本酒)と、その1/5のレモン汁を混ぜると白ワインの代用になる」ということを知ってアクアパッツアを作ってみたところ、ほんとに白ワインを使ってるかのような味わいに!

それ以来、この白ワインもどきでなんでも代用してます。

d0339702_15151152.jpg


今日は一日自宅勤務なので、ランチは牡蠣のリゾットにしてみました。
牡蠣が嫌いな夫に合わせて普段の食卓には出さないので、こういうときは自分の大好きなものを食べて満喫しなくては。

もちろん、牡蠣は白ワインもどきで蒸し焼きに。
たとえば今回でいえば、大さじ1(15ml)の料理酒に小さじ1弱(3ml)のレモン汁を加えるってかんじです。

d0339702_15151102.jpg


食後は、近所の大好きなコーヒーショップ(築地のライブコーヒー)でテイクアウト!
しかも会社の後輩ちゃんからいただいた大好きなきなこのお菓子とともに♪(Aさん、わざわざありがとう!)

誰ともしゃべることがなくて淋しい自宅勤務だけど…、ランチは充実、大満足!

土鍋でごはんを炊くと、どのくらいおいしいか?

昨日、弊社クスパのイベント「キッチンコレクション2012」を開催しました。
食品メーカーや調理器具メーカーさんの出店や、各種セミナー、プレゼント抽選会など、盛りだくさんの内容!

私はその中で、東京ガスさんのセミナー講師を務めさせていただきました。

お題は、「土鍋を使うと、どうしてお料理がおいしくなるのか?」です。

土鍋が他のお鍋と違う点は、温度が上がるのも下がるのも、どちらも「ゆっくり」ということ。これが最大のポイントです。
この「ゆっくり」がおいしさを生みだすんですね。

甘みが増す
さらに、お肉も野菜もやわらかジューシーになる
なのに、煮崩れしない
しかも、味がよくしみ込む

簡単にいうと、こんなかんじ。

つまり、土鍋でご飯を炊いたり煮物を作るだけで、ワンランクアップの仕上がりになるんです、ほんとに。

ということをもっと詳しく、調理科学の視点から説明させていただいたんですけど、同時に土鍋でご飯も炊く実演も。

それがこの「かまどさん」(グッドデザイン賞も受賞して、今すごく売れてるらしい)。

d0339702_15152519.jpg


この土鍋、本当に簡単にご飯が炊けるつくりになっているんです。
なんと、火加減の調節が一切不要! 最初から最後まで強火で13分、そして蒸らし20分でおいしいご飯が炊けちゃいます。

なぜなら土の部分が肉厚なので、ずーっと強火で加熱をしても、土鍋の温度は少しずつしか上がっていきません。
なので、「はじめチョロチョロ、なかパッパ」の状態が自動的にできるわけ。

d0339702_15152665.jpg


しかも内ぶたがついていて程よい圧力がかかるので、土鍋ご飯にありがちな吹きこぼれもなし!

d0339702_15152661.jpg


ほとんど放っておくだけで、おいしい土鍋ご飯が炊けるんです。

で、味なんですけど、これが正直すごいと思いました。
炊きあがりを味見したら、モチッ&フワッとしてて、明らかに炊飯器のご飯と違うんです。

しかも、家で炊いて、小さいおにぎりにして会社のみんなに持っていったら、みんな声を揃えて、「すごいモチモチ」「これ、おいしい」と。

そこまで言うほどモチモチだったかな?と、自分でも食べてみたら、冷めると粘りって増すんですね。モッチモチでおどろきました。

夫も、かまどさんで毎日ご飯を炊きたいくらいだとお気に入りに。
最近あんこ作りにハマってるから、これで小豆を煮てみたいと、どうやら週末に小豆を買いに行くらしい。

聞いてくださった方たちにも土鍋の良さがちゃんとアピールできたかな…?
参加くださった方々、本当にどうもありがとうございました。

もっともっと土鍋の良さが広まっていくといいなぁ。

粉糖ふり de 楽チン家事

今日は台風一過で気持ちのいいお天気ですね。
昨日のことがウソみたい。。

お天気がいいと機嫌もよくなるなぁ。
今日はほんの少しだけ早起きできて、少し家事もできたから、なおさら機嫌がいいです♪

さてこれは、ずっと前に「はなまるマーケット」で紹介されていた粉糖ふり

d0339702_15153255.jpg



粉糖じゃなくて小麦粉ふりにもいい!とオススメされてたんです。
私、いつもムニエルとかを作るときはスプーンで小麦粉をふりかけてて、まったく均等にかけられなくって…。
「これ欲しいな」と思ってたんです。

でも、「いつか買おう…いや、もうちょっと後でもいいか」なんて思いながら過ごしてたら、お友達がお誕生日プレゼントで買ってくれました!

d0339702_15153202.jpg


いい具合にまんべんなくふりかけられます!

使い終わったらフタをして、そのまま収納できるのも良い所。
かなり便利です!

d0339702_15153245.jpg


今回は鶏肉にふりかけて、チキンのトマト煮込みを作ろうかと。

鶏肉は、築地場外の鳥藤(←けっこう有名なお店らしい)で買った大山鶏です♪
もうここ最近は、鳥藤でしか鶏肉を買わないほど安くて質がいい!
大山鶏1kgが1300円です。

粉糖ふりも鳥藤も、どっちもオススメでーす。

フライパン用ホイルシートで、味噌漬けがキレイに焼けた!

先週仕事関係の方と話をしていて、私が「カルシウム補給のために朝ししゃもを食べることが多いんですけど、ホイルに乗っけてトースターで焼くと、ホイルにけっこうくっついちゃうんですよね」と言ったら、「これ、すごくいいですよ!」とキチントさんのフライパン用ホイルシートなるものをプレゼントしてくれました。

d0339702_15153449.jpg


ホイルなんだけどシリコーン加工をしてるから、食材がくっつかないんですって。焼き魚はもちろん、味噌漬けの魚だってラクラク焼けちゃうと。
しかも、キレイな焼き色もつくらしい。

味噌漬けや粕漬けを魚焼きグリルで焼いたことのある人は同感してくれると思いますが、あれって一部が焦げ焦げになったり、グリルに味噌が焦げたやつがくっついて洗うのが面倒だったり、ただの焼き魚なのに、なかなかやっかいですよね。

d0339702_15153488.jpg


この春のブログ(菜の花の酢味噌和え)でも紹介しましたが、我が家ではこの味噌だれが大活躍。

魚にもぬって、いつも冷凍庫にストックしています。
今回は味噌漬けにした鮭があったので、早速それで焼いてみました。

d0339702_15153452.jpg


わかります? すごくキレイに焼けたんです!

しかも、全然くっつかない(ほんとに全くくっつかない!)。スルッとひっくり返せるし、焼き色も均一にキレイにつきました!
ちょっと感動!

私は夫を待たずに先に夕食を食べちゃうのですが、後から帰ってきた夫の分を同じシートで焼いても、シートは全然汚れてないから焼き上がりは全く変わらず、美しく焼けました。

一体これ1枚で何枚焼けるんだろう…。
2回で捨るのがもったいなかったけど、とっといても仕方ないので捨てちゃいましたが。

メーカーのHPを見ると、油をひかずに目玉焼きとかもできちゃうみたい。
これ、すごくいい! 次回はししゃもと目玉焼きをやってみよっと♪

卵を使わないフライ衣

揚げ物は好きだけど、面倒ってことと油を摂り過ぎないために、作るのは月一回くらいのペースです。

作るとしたら唐揚げかフライのどっちかなんですが、フライをつくるときって「小麦粉→卵→パン粉」と、衣をつけるのに3段階あって面倒に感じませんか?

しかも2人暮らしだと、卵1個使い切れないから、余っちゃってもったいない。。
なので、いつからか私は卵を使わずにフライをつくるようになりました。

d0339702_15153778.jpg


小麦粉と酒を合わせて少しトロッとさせたものに素材をからませます(分量は適当…)。そのあとにパン粉をつけて揚げるのですが、卵を使わなくてもおいしく仕上がりますよ。
しかも3段階が2段階に減るし。

ときどき小麦粉と水を合わせてつくる方法も見かけますが、水だと旨みやコクがないので、卵の代わりにするなら酒のほうがいいかな、と私は酒を使っています。

d0339702_15153764.jpg


ゴールデンウイークで時間に余裕があったから、今日は鯵フライにしてみました。
パン粉がちょっとしかなかったのであまり衣がついていませんが…、でもおいしかったですよ!


-------------------------------お知らせ-------------------------------
d0339702_15153724.jpg


ViVi6月号「二度と!太らない食べ方」特集に栄養面で解説させていただいています。
ホンマでっか!?TVで人気の脳科学者、澤口先生も脳科学的に解説されていますよ。
よかったらご覧くださいね。

無印良品の「シリコーン調理スプーン」

この前、母が切り抜きをしてくれていた新聞記事にあったのが、このスプーン。
(母はいつも料理関係の新聞記事を切り取って渡してくれます。ありがとう!)

d0339702_15153911.jpg


無印良品のシリコーン調理スプーン(849円)です。
これ、日経のランキングで「便利なキッチン小物」部門第一位に輝いていました。

ヘラを使って炒め物をしたあと、そのままヘラで盛りつけようとするとうまく盛りつけられなかったり、タレをすくえなかったりしませんか? 
私はいつもそう。だから、こんなヘラとお玉、どちらの機能もついたものが欲しかったんです!

無印良品はときどき行くのに、全然知らなかった…。

d0339702_15153941.jpg


いい具合にしなるので、とってもすくいやすいです。タレもキレイにすくえちゃう。
シリコーン素材だからテフロンのフライパンやホウロウのお鍋も傷つけないし、耐熱温度も250℃までだから何をしても(!?)OKだし、とにかく使い勝手がいい!
地味だけど、優秀だなぁ。

d0339702_15153976.jpg


今日はいつも使っている手袋、そしてお弁当バッグ(半額でラッキー♪)も買って、安くていいお買い物をしました。

オススメ! 野田琺瑯の保存容器

数年前から野田琺瑯(ホーロー)の保存容器を愛用しています。
まず、白くてキレイなことがひとつ。そして冷蔵庫に並べると、その部分だけおしゃれな空間になって整理整頓も上手な人みたいになるし、ふたをとれば火にもかけられるしと、私にとってはとにかく使い勝手の良い存在なのです。

d0339702_15154510.jpg


でも、、そんなことを言いながらも、持っているのは2つだけでした。。
このシリーズでいろいろ揃えたかったのですが、別のタッパーがあるからわざわざ買い足すのはもったいない…と、揃えられずにいたんです。

そんな私に友人のNちゃんが、お誕生日プレゼントで3つもプレゼントをしてくれました!

うれしい!!
Nちゃんのおかげで、俄然料理のやる気がアップ!

d0339702_15154595.jpg


週末に、煮物やマリネを作りだめ♪

最近は調理アイテムってなかなか買っていなかったけど、買い足したり新しくするのって日常のお料理を楽しくしてくれるものですね。
大事なことだなぁ。

Nちゃん、どうもありがとう!

パスタは、火を止めてゆでる!

暑さ対策のお料理法でオススメなのが、麺のゆで方。
数年前に、母から教えてもらいました。

d0339702_15154513.jpg


1.水を沸かして麺を入れる。
2.麺を混ぜてフタをし、火を止める
3.麺がくっつかないよう、途中でフタを開けてひと混ぜする。
4.表示通りのゆで時間までまたフタをする。

d0339702_15154598.jpg


これでOK!ちゃーんとゆで上がります。

私はこの方法でよくパスタをゆでますが、表示の時間よりも1分前に取りだせば、きちんとアルデンテに仕上がります。
パスタだけじゃなくて、そばやうどんも普通にゆでた場合と全然変わりなくできるんですよ。

水を沸騰させるまでは暑いかもしれませんが…、火を止めちゃえば暑くないし、ガス代もちょこっと節約。

d0339702_15154571.jpg


今日はトマトの冷製パスタにしてみました。
9月に入ったけどまだまだ暑いし、やっぱりトマトがおいしいなぁ。