夏ばてにピクルス

こう暑いと、さっぱりしたものが食べたくなりますよね。
そうめんに薬味を効かせてさっぱりお昼ご飯、とか。

気持ちはよくよくわかります。
でも、、この「さっぱり」が夏ばてにつながるんです。

簡単にいえば、夏ばてになっていく仕組みはこんな感じ。

屋外の暑さと室内の冷房による温度差によって、自律神経が乱れる。
体がだるくなり、食欲がなくなる。
冷たい飲み物、さっぱりしたものを食べるようになる。
体が冷えたり栄養が不足したりして、さらにだるくなる。
この悪循環から抜け出せなくなる。

そこでオススメなのが、疲労回復でおなじみの

d0339702_15160163.jpg

酢には疲れを解消する働きはもちろん、食欲を刺激して消化吸収をアップする働きも期待できます。

ということで、夏にはピクルスを常備しています。

d0339702_15160112.jpg

赤たまねぎで作るとうっすらピンク色に染まるので、他の野菜とは別に漬け込みます。

みょうがもそうですが、酢と反応してピンク色になるのってキレイでいいですよね。

ピクルスで、この夏を乗り切ります!
<< 自家製ドライトマト 枝豆って実は…!? >>