缶詰で作る冷汁

冷え性なので冷たいものはなるべく食べないようにしているのですが、こんなに暑いとそんなことも言ってられないと思ってしまう今日この頃…。

とくに仕事から帰宅したとき、家のドアを開けた途端に襲ってくるあの熱気には、毎日まいってしまいます。
最近の夕食作りには、もっぱら火を使わないメニューで対応しようとしていますが、その中でも簡単で作り置きもOKなのが、冷汁。

d0339702_15154717.jpg


冷汁は、数年前の宮崎ブームのときに初めて知ったので、まだそんなに慣れ親しんだメニューじゃないんです。
だから今までは、きちんと鯵の干物をほぐしたものを使っていました。

でも、干物をほぐすってけっこう面倒。。
でもでも冷汁を食べたいから、ほぐすのは仕方ない。。

そんな葛藤があったのですが、ネットで冷汁の作り方を検索してみると、干物じゃなくて魚の缶詰を使っているレシピが多くあって、目からウロコ!

d0339702_15154779.jpg


いろいろ検索してみると、缶詰の中でもさば缶を使うのが良さそうだったので、久しぶりにさば缶を購入してみました。

缶詰だとちょっと魚臭さが残るのかな?と思いつつやってみたのですが、いやいや、全然。
簡単だしおいしいし、これはいい!
缶詰で十分なんですね。もう干物を使って作ることは今後ないと思います!

私のレシピはこちら。
よかったら参考にしてくださいね。

さば缶で作る冷汁(4人前)

材料
さばの缶詰 200g前後
豆腐 150g
きゅうり 1本
しそ 適量
みょうが 適量

白すりごま 20g
味噌 50g
だしの素(顆粒) 小さじ1
サバ缶の汁 あるだけ全部
水 400ml

ご飯 適量

作り方
1.ボウルに白すりごまと味噌、だしの素、さばの缶詰の汁を入れ、水を少しずつ入れながら混ぜ合わせる。
2.1にさばの缶詰を入れ、スプーンなどでざっと身をほぐす。
3.手で食べやすい大きさにちぎった豆腐、小口切り(端から輪切り)にしたきゅうり、千切りにしたしそを加えて合わせ、冷蔵庫で冷やす。
4.温かいご飯を器に盛り、冷やした3をかけていただく。
<< 紫外線に打ち勝つにんじんジュース 豚肉に合わせたい食材は? >>