かぼちゃの煮物がスープに変身!

夏野菜の代表といえば、かぼちゃ。
ビタミンカラーのオレンジ色は、夏の太陽のような元気色! 食べるとそれだけで元気になれそうな気分になりませんか?

まさに、オレンジ色は体を酸化から守ってくれるベータカロテンの色なんです。
肌の紫外線ダメージにも、ベータカロテンは強い味方。私はこの時季せっせとかぼちゃを食べています!

d0339702_15154642.jpg


この前テレビを見ていたら、かぼちゃの煮物に牛乳を加えるだけでおいしいスープに変身するとやっていて、それを試食したタレントさんたちも絶賛してたんです。

私がいつもかぼちゃのスープをつくるときは、ちゃんと玉ねぎを炒めてってところからやってたので、玉ねぎの旨みがなくてもおいしいの!?と若干疑いはあったけど、実際つくってみたら納得でした。

d0339702_15154699.jpg


これでこんなにおいしいなら、手間がなくてすごくいい!

よく、「コンビニで買えるもので健康的なご飯をつくれませんか?」と質問されるけど、これならコンビニでかぼちゃの煮物と牛乳を買えばできるから、その点でもいいアイディアだと思います。

いつも思いますが、アレンジレシピを紹介するコーナーって、裏で考えている人がいるんですよね。こういうアイディアを考えられる人ってホントにすごいなぁ。

下のレシピは私がつくった分量です。テレビのとは違うけど、とってもおいしくできますよ。


かぼちゃの煮物でつくるかぼちゃスープ(2人前)

材料
かぼちゃの煮物(皮つきでも皮なしでもどちらでも) 150g
牛乳 120ml
塩 少々

作り方
材料全部をミキサーにかける。もしくは、かぼちゃの煮物をマッシャーでつぶし、牛乳と塩を加えて混ぜる。

※私は今回、写真をきれいに撮りたかったので皮なしで作りましたが、皮ありの方が栄養がより摂れますよ。
<< 冷凍きのこ de 楽チン家事 レンジでつくる卵豆腐 >>