混ぜるだけ!簡単チョコバナナケーキ

ちょっと前にも言いましたが、「体にやさしい素朴なおやつを作ろう!」がまだマイブームです。

同僚のAさんが、人気の料理研究家 藤井恵さんの「卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ」という本を貸してくれて、それを参考に自分なりにアレンジをして作ってみたのが、これ。

d0339702_15153793.jpg


藤井恵さんのレシピはとっても簡単。
小麦粉はふるわなくていいと書いてあります。泡立て器で混ぜて、ほぐせばいいんですって。面倒じゃなくて、いいアイディアですよね!
しかも、食物アレルギーを考えているので、材料には卵なし、牛乳なし、砂糖なし。
牛乳の代わりに豆乳、砂糖の代わりにはちみつを使ったりしているんです。バターも菜種油で代用してたりとか。

この本を読んで、「藤井さん、よく考えたなぁ、すごいなぁ」と尊敬しました。
お菓子でよく使う卵とかバターとかを抜いておいしいお菓子を作るのは、かなり大変だったんじゃないかと思います。

私は何度か作ってみて、藤井さんのパウンドケーキに卵を入れちゃいました…。
藤井さんのパウンドケーキレシピは、全粒粉と薄力粉の両方を使っていたのですが、私は全粒粉を持っていなかったので、初めて作ったときは薄力粉だけで作ったんです。

そうしたら薄力粉のグルテン(粘り)が出たのか、食感がネチャネチャしてしまって…。
納得はいかないけど、味はいい、もしかしたら私が混ぜ過ぎたせいで粘りがでたのかも?ということで、もう一回作ってみてもやっぱりネチャネチャは健在。

それからは考えられる改善をほどこして何回か作ってみたのですが、どうしてもネチャネチャ感は消えませんでした(何回も作れるほど簡単なんです)。
でもある日、「もしかして、卵を入れたら卵の乳化作用かなんかで粘りが消されるんじゃない?」と思い立ち、ダメもとでもう一回作ってみたら、見事味も食感も満足な、ヘルシーなおやつができたんです!

何度もやって藤井さんのレシピとはかけ離れちゃったけど、、、努力の末の(!?)おいしいケーキになりました!

簡単!チョコバナナケーキ
−藤井恵さんのレシピを大幅アレンジ−
材料<7×20×6cmの流し缶1台分>
薄力粉 1カップ(100g)
ベーキングバウダー 大さじ1/2

卵 1個
砂糖 40g
水 大さじ2
ココア 大さじ2
オリーブ油 大さじ2

バナナ 1本(100g)

作り方
1.薄力粉とベーキングバウダーをボウルに入れ、泡立て器で混ぜてダマをとる。
2.別のボウルにバナナを入れてフォークなどでつぶし、粗いペースト状にする。
3.2のボウルに卵と砂糖を入れて混ぜ、さらに水とココアを入れて混ぜる。最後にオリーブ油を入れて混ぜ合わせる。
4.薄力粉を3のボウルに入れてさっくり混ぜる(粉が見えなくなればOK、混ぜ過ぎに注意)。
5.クッキングシートをひいた型に流し入れ、180℃に温めたオーブンで約20分焼く。
<< 「いちごレモンケーキ」も作って... 5分で完成! トマトリゾット >>