たけのこについている白いモロモロ

今年は全国的にたけのこの成長が少し遅かったみたいですね。
5月に入って、今年初めてたけのこを食べることができました。

d0339702_15153736.jpg


さて、茹でたたけのこを切ると、こんな白いモロモロしたものがついていることはありませんか?
もし、これをわざわざ洗って取り除いているとしたら、、、とってももったいないですよ。

この白い成分は、チロシンというアミノ酸。
チロシンは神経伝達物質の原料になって、脳の働きを活発にしてくれる働きがあるんです。
つまり、元気のもとになる成分というわけ。

「ゴールデンウイークが明けたらやる気が出ない…もしかして五月病かも!?」なんていう方は、チロシンを味方につけてみてはどうでしょう?

d0339702_15153711.jpg


ちなみに私は、たけのこ料理の中では、たけのこご飯が一番好きです!
おいしかったぁ。

-------------------------------お知らせ-------------------------------
d0339702_15153724.jpg


ViVi6月号「二度と!太らない食べ方」特集に栄養面で解説させていただいています。
ホンマでっか!?TVで人気の脳科学者、澤口先生も脳科学的に解説されていますよ。
よかったらご覧くださいね。
<< ぬか漬けに挑戦! 卵を使わないフライ衣 >>