料理カメラレッスン! part2

この前ブログにアップした料理カメラレッスン、昨日が最終日でした。
私も相変わらずスタッフとして立ち会いながら、一緒に勉強もさせてもらいました。

d0339702_15152932.jpg


昨日は教室がクリスマスのテーブルコーディネートに!
素敵でしたよぉ{%流れ星webry%}
こんな食器とか装飾品持ってないし、家じゃ絶対やらないので、目の保養になりました。

昨日は最終日ということで、大半の時間を生徒さんが撮影してきた写真の講評、今までの復習に当てたのですが、「やっぱりそうだったのか!」ということがあって、とっても納得したことがありました。

料理を器に盛って写真を撮ると、こんなことありません?

d0339702_15152975.jpg


この写真のお皿の手前を見てください。
お皿のフチの面積(空き空間)が多すぎて、ちょっとバランスが悪く見えませんか?

普通、お料理を器に盛るときって、器の中心を軸にして、そこからバランス良くのせていきますよね。
でもそうすると、写真を撮る場合は器の手前が空きすぎているように写ってしまうんです。

それを解消するには…、中心より1cm以上手前を軸にして盛るといいんだそうです。

d0339702_15152996.jpg


ほら! 1cm手前に盛ったら、空き空間が気にならなくなりました{%チョキwebry%}

料理写真を撮り始めたころ、よくこういうことがありました。
だから自然と料理はちょっと手前に盛るようになったんですけど、「1cm以上」っていうルールがあったとは知らなくて、大いに納得。

あと、上の写真を見ると、器の上下にけっこうな空間がありますよね。
これは「マヌケな空間」と言うそうです。
これを改善するには、この空間にその料理に関連したものを置くこと。
一気に写真の深みや動きがでるということで、やってみると…

d0339702_15152978.jpg


こんな感じ{%ハート2webry%}

地味なこんにゃく煮が、ちょっと華やいだかな?

開催したスタッフが言うのもなんだけど、ためになったカメラレッスンでした!
<< ポトフをキムチスープにアレンジ! ブームがきそう! 四元豚シルキ... >>