きんぴらごぼうをイタリアンにアレンジ!

お料理は豪快で一皿の量も多め、お酒はリーズナブル、しかもちゃんとおいしい! でお気に入りのイタリアン、「オステリア ウネット」。

茅場町にあるこのお店、がぶがぶ飲んでお腹いっぱい食べて、一人5,000円程度。コスパもすばらしいのです。
近所ってこともあって月1-2回通い続け、最近やっと常連扱いしてもらえるように♪
最近の小さな幸せのひとつかな。

この前は、本日のオススメで「イタリアンきんぴら」なるものが。

「どんな味付け?」と聞いたら、「バルサミコ酢味」という答えが返ってきたので、きっとおいしいと思ってオーダーしてみたところ、、、

出てきたイタリアンきんぴらは、和食のきんぴらごぼうと見た目は一緒。
でも食べてみると…、濃厚な甘さと適度な酸味を味わえる、まさにバルサミコ味でした。

私的にはちょっとバルサミコが前面に出すぎかな?と思ったけど、これはこれでおいしかったし、ごぼうもこういう味付けにするとワインに合うんだなと学習できて、これまた満足度が高かった訪問でした。

d0339702_15152140.jpg


で、さっそく家でマネっこ。

見た目はホントにきんぴらごぼうでしょ?

ごぼうとにんじんをコンソメで煮てちょっと軟らかくして、醤油とバルサミコ酢で炒めてみました。バルサミコ酢は控えめに。

お店のものよりパンチはないけど、パクパク食べられる野菜おかずに仕上がりました!

バルサミコ酢は煮つめると濃厚な味になるから、油を使って炒めなくてもOK。
ダイエットしている方にもオススメですよ。
<< 辻口シェフのお菓子教室<3回目> マンゴー+油=ワインのおつまみ! >>