冷や汁で、頭が良くなる!?

進研ゼミで有名なベネッセさんからレシピ依頼をいただきました。

テーマは、「子どもが喜ぶ朝ごはん」。
これにプラス、作るお母さんもチャチャッとできる簡単なメニューを、ということで…作ってみたのがコチラ!

d0339702_15152193.jpg

さばの缶詰で作る冷や汁です。

一般的に冷や汁は魚の干物で作りますが、簡単にできるよう缶詰で。

しかも、さばには頭がよくなるといわれているDHAが豊富(DHAは脳の神経組織の材料になるので、集中力や記憶力がアップが期待できるんです)。
これに菜種(キャノーラ)油を組み合わせることによって、さらにDHAが体の中に取り込まれやすくなります。

つまりは、、、「進研ゼミ=勉強=子どもの勉強がはかどるメニュー」というわけです。

と、これを試作でたくさん作ったので、翌日はさばを納豆に変えて納豆冷や汁として食べてみました。

d0339702_15152170.jpg


納豆冷や汁は、食べるの初めて。
このパターンもなかなか。

納豆は加熱をしちゃうと酵素(ナットウキナーゼ)が死んじゃうけど、こうやって食べれば死なないから、アレンジメニューとしては良いかも♪

冷や汁は前日に作り置きできる、食べるときは冷たいまま食べられる、ということで私の手抜きメニューのひとつです。

私のレシピ&「おはようチャレンジ」サイトはコチラからどうぞ!
お料理教室の先生40人のレシピも見れますよ!
<< 穴子でうなぎの代用!? 辻口シェフのお菓子教室<3回目> >>