牡蠣のパスタで生理前対策!

去年11月から始めた薬膳の勉強、とりあえず薬膳アドバイザーの一通りの学びを終了しました!

一番上の資格(中医国際薬膳師←すごく難しいらしい)、いつか取ってみたいなと思いながら、まずは日常に活かそうと、ちょっとずつ実践しています。

生理が近づいているので…今日は、

血を増やす→牡蠣
血のめぐりをよくする→にら
体を温める→生姜、にんにく

これらを使ったパスタに決定!

十分な「血」と「血のめぐり」がないと月経前症候群や生理痛の原因になると学んだので、この組み合わせにしてみました。

d0339702_15151285.jpg


生姜、にんにくをオリーブ油で炒めて香りが出たら、牡蠣とにらを炒めて塩・こしょう。
そして醤油と和風だしの素、酒も加えて、ゆでたパスタを和える!
シンプルだけど牡蠣の旨みたっぷりでおいしい♪

ちなみにこの牡蠣のパスタ、今の栄養学と照らし合わせてみても理にかなってるんですよね。
牡蠣→鉄をすごく含んでいるわけじゃないけど、貧血を予防するビタミンB12が豊富。
にら→臭い成分が血液をサラサラにする。
生姜、にんにく→栄養学の世界でも、体温め食材の代表。

というわけで、薬膳も栄養学も似ているところがあって、私としてはわかりやすくてうれしい。

d0339702_15151264.jpg


ちなみに、牡蠣にたくさん含まれているアンチエイジング成分、亜鉛はビタミンCと合わせると吸収がよくなるので、食後はみかんを絞ったジュースを飲んでみました。
今の季節なら、いちごを食後に食べてもいいですね。

栄養学と薬膳のふたつの視点から食を見られるようになって、楽しい!
<< 花粉症予防メニュー! 栗原はるみの「丸鶏のしょうゆ煮」 >>